メイン

2005年09月29日

ブラックコホシュ

ブラックコホシュとは、インディアンによって発見されたもので、北アメリカ原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の、多年草です。

アメリカの先住民が、古くからリウマチの痛みと炎症、婦人科系の疾患に使用してきたハーブです。

ブラックコホシュは、バストアップに欠かせない女性ホルモンの働きを助けるサプリメントとして知られており、トリテルペン配糖体、イソフラボン、 アルカノイドなどの成分を含んでいます。

そのため、急激なエストロゲンの不足による、乳がんや子宮ガンの予防などにも役立つハーブだとされています。

また、エストロゲンを含んでいることによって、バストアップや、美肌効果を助ける働きがあることで知られています。

投稿者 oppaidaiji : 14:49 | コメント (0)

2005年09月16日

パワーネット

パワーネットとは、衣類・下着などに使用されている生地のひとつです。ストレッチ性のある細かいネット状の生地のことを言います。

ナイロンやポリウレタンなどの弾力性のある素材を編みこんで作られています。そのためバストアップのためのブラジャーにも使用されいる生地のひとつです。

弾力性とともに収縮力が強いため、バストやお肌を見た目よく、スッキリと引き締める働きがあることで知られています。

投稿者 oppaidaiji : 15:50 | コメント (0)

リフトアップ

リフトアップブラはボリュームのあるバストをきれいにすっきりと包んで、着やせする効果などがあります。

ストラップをクロスにつけたりすることで、肩への不安を温和するような工夫がなされているなど、さまざまなリフトアップブラがあります。

リフトアップパネルによって、バストの引き上げ効果や、お肉を脇へ流さずすっきり見せるなどの効果があり、きれいなバストを保つためにはおすすめです。

投稿者 oppaidaiji : 15:50 | コメント (0)

フィットネス効果

バストアップの効果が持てるブラジャーは様々な機能があります。

その1つにフィットネス効果があります。

フィットネス効果とは、健康や体力の維持・向上を目的として行う運動のことです。

フィットネス効果は、市販されている普通のブラジャーに比べると数倍の引っ張る力(ストレッチ効果)を大胸筋に働きかけるため、バストアップのエクササイズになります。

ブラジャーを着けているだけで、動くたびに大胸筋を刺激するのでフィットネス効果により、バストアップ効果を助ける働きがあることが知られています。

投稿者 oppaidaiji : 15:49 | コメント (0)

サイドボーン

サイドボーンとは、バストアップブラの機能の一つで、脇に流れてしまいがちな脂肪を逃がさないようにつくられたものです。

脇生地がバストをしっかり掬い上げてきて、美しいバストの形と、きれいな谷間を作り上げてくれます。

リフトアップパネルとサイドボーンの効果で、バストがすっきりとブラの中に納まり、寄せ上げ効果があるので、きれいなバストを形作ることができます。

大き目のバストをしっかり包み込んで、全体のラインを整えてくれます。

投稿者 oppaidaiji : 15:48 | コメント (0)

シリコン

シリコンのブラはストラップもベルトもないので、ノーブラ感覚で、最近、注目をされています。

シリコンとは、美容整形の豊胸に使われる人工乳腺、隆鼻術で使われる人工軟骨など、広く使われているやわらかい素材です。

やわらかいシリコンが自然にボリュームをつくり、体を締め付けないので、とても楽です。

また、水洗いができるのでお手入れも簡単で、正しくお手入れすれば何度でも使えます。

キャミソールや背中の開いたドレスなど、普通のブラジャーでは着られない洋服もシリコンブラでは自然なボリュームを出して、くっきり谷間をつくってくれます。

投稿者 oppaidaiji : 15:48 | コメント (0)

バックパネル

バストアップブラにはバックパネルを選べるものなどがあります。バックパネルとは、ブラの背中側の部分のことです。

人間の体は一人一人違うので、バックパネルのサイズを切り替えることで、体にフィットしやすくなります。自分の体にフィットする下着を付けることで、姿勢が変わり、バストアップ効果が得られると言われています。

また、シームレスのバックパネルなどは、ぴったりした服などにラインが響かないので、洋服をおしゃれに着こなせます。

投稿者 oppaidaiji : 15:47 | コメント (0)

レモンパット

レモンパッドとは、レモンの形をした、ブラジャー用のパッドです。
ブラのワイヤーにあわせて、ななめして裏地に入れて使用します。

レモンパットは、バストを大きく見せるためや、きれいなバストを作るのにも効果的です。
着けるだけで、理想のサイズにアップします。

また、レモンパットを重ね付けすると、さらに2サイズアップしますので、思いのままにバストのボリュームを実現します。

投稿者 oppaidaiji : 15:47 | コメント (0)

ワイヤー

ワイヤーとは、ブラジャーに使用されている針金のことです。
胸を包み込むように、カップの下のラインに使用されています。

ワイヤーはブラ自体の型崩れを防ぐとともに、胸の形をきれいに見せてくれる効果があります。

ブラジャーにはさまざまな種類がありますが、その1つにワイヤーなしのブラジャーがあります。ワイヤーなしのブラジャーでも、バスとの造形性に優れた画期的なバストアップブラジャーなどもあります。ワイヤーが無いので、楽なのに、バストアップの効果があるので、注目されています。

また、フックで、ワイヤーを取り外せるブラジャーもあります。ワイヤーは自分のバストの形にあったものを選ぶことで、バストをすっきりきれいに見せられます。

投稿者 oppaidaiji : 15:46 | コメント (0)

フルカップブラ

フルカップブラとは、バスト全体を包み込む形をしたブラジャーのことです。

フルカップブラは、バストをしっかり包み込んで寄せるので、脇もすっきりして、服もきれいに着こなすことができるブラジャーです。

脇に流れがちなバストも、フルカップブラだとしっかり中央に寄せてくれるので谷間もきれいになります。

フルカップブラと一口に言っても種類がさまざまにあるため、自分の体にあったものを選び、美しく見せることのできるものを見つけましょう。

中には、ワイヤーが外についているタイプで締め付け感が苦手な人にも安心なタイプのものなどがあります。

投稿者 oppaidaiji : 15:45 | コメント (0)

モールドカップブラ

モールドカップブラとは、表面の装飾がなく、アウターにひびかないデザインのブラジャーのことです。

モールドカップは、空気のような薄い軽い付け心地で人気があります。

デザイン性があるものから、表面に縫い目がなく、アウターにひびきにくいものなど、その種類もさまざまです。とても軽い付け心地が人気のポイントですが、ワイヤーもやさしいのに、しっかり美しいバストラインを作り出してくれる優れものです。

機能性を備えたモールドカップタイプのものなどもあるので、自分にあったものを選ぶことをおすすめします。

投稿者 oppaidaiji : 15:45 | コメント (0)

ストラップ

ストラップとは、ブラジャーの肩ヒモの部分のことです。

ストラップにはさまざまな種類があります。

最近注目されているのが見せるストラップという、デザイン性に富んだものや、下着らしくないようなデザインなものなどがあります。

また、おしゃれを楽しむために透ける素材で出来たシースルータイプのストラップなどもあります。

ストラップをクロスにつけられるタイプのブラジャーは、胸を寄せる効果があるためバストアップ効果を助けてくれます。

一方、ストラップレスのブラジャーもありますが、基本的にはストラップをつけたほうが、バストの下垂を防止できるのでつけるようにしましょう。

投稿者 oppaidaiji : 15:44 | コメント (0)

メラニン色素

メラニン色素とは皮膚や毛、目の結膜などに存在する黒色の色素のことです。

有害な紫外線から細胞を 守る働きをするラノサイトという細胞が、分泌する物質です。

メラニン色素は、バストや 乳首・ワキ・ヒジ・ビキニライン・ヒザなどといった体の部分におけるシミや黒ずみといった色素沈着の原因になります。

このようなメラニン色素へのケアとしては、様々な方法があります。中でもバストはデリケートな部分であるため、バスト色素沈着用の専用ケア用品などが色々あります。

外用として、直接その部分に塗るクリーム、体の内側からケアするサプリメントなどがあります。

投稿者 oppaidaiji : 15:43 | コメント (0)

紫外線

紫外線とは太陽から地球まで届く光の中で、もっとも強いエネルギーを持っている波長の短い光です。

紫外線には、シワやシミの原因となるUVA、日焼けをしすぎたときに皮膚が火傷のようになるUVB、オゾン層でブロックされているため地上には届いていないUVCの3種類あります。

強力な殺菌力を持っているので、直接皮膚や人体に照射すると悪い影響をもたらすと言われています。

長年浴び続けると、しみやしわ、たるみの原因、バストの下垂の原因にもなります。

紫外線を防ぐには、なるべく直射日光にあたらないことが一番ですが、食事やサプリメントなどでビタミンCを摂取し日焼け止めの化粧品やジェルで肌に紫外線があたらないようにするとよいでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 15:43 | コメント (0)

色素沈着

色素沈着とは、メラニン色素が局部的にまたは全身に蓄積してしみやそばかす・くすみなどになったことをいいます、

色素沈着が起こるには、体質も関係しています。
日に焼けて肌が黒くなりやすい人は、メラニンが多いため、色素沈着もしやすいようです。

色素沈着が特に起こりやすいといわれている場所は皮膚のしわや、外界に面したところ、衣服の当たる場所に多く、紫外線やこすり刺激によるものが多いようです。

バストやビキニラインなどの色素沈着には、美白化粧品や肌の新陳代謝を高めることなどで解消を助けます。

投稿者 oppaidaiji : 15:43 | コメント (0)

バストの黒ずみ

バストや乳首の色は、メラニン色素が決めています。

このメラニン色素は表皮にあるメラノサイトという細胞から分泌される茶色の色素で、茶色い色はチロシンという物質がメラニンに変化して生じます。

チロシンがメラニンに変わったときに働く酵素がチロシナーゼといいます。

このチロシナーゼの活性を抑えることでメラニンの合成も防げるので、バストの黒ずみを防ぐことができます。

バスとの黒ずみには、専用のクリームなど、対策用グッズが市販されています。

投稿者 oppaidaiji : 15:42 | コメント (0)

ガオクルア(プエラリアミリフィカ)

バストアップクリームなどでよく耳にするガオクルアとは、プララリアミリフィカとも呼ばれ、タイに自生するマメ科の植物のことです。

地下1~2mにある茎根部分が肥大したイモの部分が使用されます。

女性ホルモンを増加させてバストアップと美肌効果をもたらすことで知られています。

ガオクルアは飲んでも、マッサージに使用してもバストアップ効果があるといわれています。

ガオクルアを使用したバストアップ・マッサージ用のクリーム(ジェル)も多種類発売されています。

投稿者 oppaidaiji : 15:42 | コメント (0)

デオキシミロエステロール

デオキシミロエステロールとは、最近注目されている美容成分で、バストアップに効果があるといわれています。

似たような働きを持つイソフラボンよりも、女性ホルモンの活性化効果が約10000倍も高いとされています。

このデオキシミロエステロールは、プラエリアという植物に含まれるといわれています。

デオキシミロエステロールの成分により、女性ホルモンの分泌が盛んになるので、乳腺の発達・乳脂肪が促進されてバストアップに効果があります。

投稿者 oppaidaiji : 15:41 | コメント (0)

ビタミンP

ビタミンPとは、ビタミンと同じような働きをするビタミン様物質のことで、ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等の総称を言います。

また、フラボノイド化合物やバイオフラボノイドとも呼ばれることがあります。ビタミンPは壊れやすいといわれているビタミンCを安定させる力もあります。

パワーアップしたビタミンCは、バストアップにもとても効果的です。

バストアップクリームにはビタミンPが含まれるものがあります。

このビタミンPが含まれているバストアップのマッサージクリームも様々な種類が市販されています。

投稿者 oppaidaiji : 15:41 | コメント (0)

ウンシュウラミカン

バストアップクリームにはウンシュウラミカンが含まれるものがあります。

ウンシュウラミカンは、ビタミンPに分類されます。

このビタミンPには、バストアップに有用なビタミンCを壊れにくくする働きがあります。つまり、コラーゲンを生成する能力もアップし、更に壊れにくくなったビタミンCは、ビタミンEを生まれ変わらせる働きを持って、何度も酸化脂質の退治をしてくれます。

ウンシュウラミカンは、多くのバストアップのジェルやマッサージクリームに含まれています。

肌にハリをもたせたり、肌年齢を若返らせるなどの効果に期待ができます。

投稿者 oppaidaiji : 15:41 | コメント (0)

ケルセチン

バストアップクリームの中には、ケルセチンと呼ばれる成分が含まれるものがあります。

ケルセチンとは、たまねぎやほうれん草。パセリなどに多く含まれているポリフェノール化合物です。
別名クエルセチンとも呼ばれます。

ビタミンPの一種で、ビタミンCの吸収を助け、壊れやすいビタミンCを壊れにくくする働きをしてくれますので、バストアップに効果があるといわれています。

バストアップのほかにも、アレルギー症状を温和するなどの働きがあります。

投稿者 oppaidaiji : 15:40 | コメント (0)

ヘスペリジン

バストアップクリームによく含まれるヘスペリジンは、柑橘類に多く含まれている、ポリフェノールの一種です。

ビタミンPとも呼ばれており、ビタミンPは、ビタミンと同じような働きをしてくれます。

また、ビタミンCの吸収を助け、壊れやすいビタミンCを壊れにくくする働きをしてくれますので、バストアップに効果があるといわれています。

バストアップのほかにも、アレルギー症状を温和するなどの働きがあります。

ヘスペリジンは、様々なバストアップのジェルやマッサージクリームなどに配合されています。

投稿者 oppaidaiji : 15:40 | コメント (0)

ルチン

バストアップクリームなどに含まれるルチンは、そば含まれるポリフェノールの一種です。

ポリフェノールとは、植物が光合成を行うときできる物質の総称で、紫外線などの害から植物自身を守る働きをします。

ポリフェノールには、活性酸素を除去する効果があるほか、毛細血管を強くしたり、糖尿病などの予防に作用するといわれ、様々な効果が期待されています。

ルチンは、ビタミンPに分類されるので、ビタミンCの吸収を助け、壊れやすいビタミンCを壊れにくくする働きをしてくれますので、バストアップに効果があるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 15:40 | コメント (0)

フラボノイド化合物

バストアップクリームの成分によく見られるフラボノイド化合物は、ビタミンPとも呼ばれ最近注目を集めているものです。

ビタミンPは科学的にはフラボノイドのヒドロキシ誘導体と表現されます。

ビタミンCを頑丈に守ってくれるため、ビタミンCの効果が150パーセントにアップすると言われています。

パワーアップしたビタミンCはビタミンEを生まれ変わらせ酸化脂質の退治をするため、美肌効果やバストのハリなどバストアップ効果への期待が持てます。

フラボノイド化合物は、バストアップジェルなどにも含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 15:39 | コメント (0)

バイオフラボノイド

バストアップクリームの成分にあるバイオフラボノイドとは、ビタミンPとも呼ばれ、細胞に栄養を行き渡らせる働きがあります。

また、毛細血管を保護する働きがある重要な物質として知られています。

バストアップに欠かせないビタミンCの作用の1つであるコラーゲンの生成というのもバイオフラボノイドとの結びつきが重要だといわれています。

このバイオフラボノイドは様々なバストアップジェルに含まれている成分でもあります。

バストアップ効果はもちろん、美肌効果やハリを持たせることにも期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 15:39 | コメント (0)

グリコール酸亜鉛

バストアップジェルなどに配合されている成分の1つであるグリコール酸亜鉛は、バストにハリや弾力を持たせる働きがあります。

グリコール酸とは、フルーツ酸の一種です。

フルーツ酸には、他にクエン酸、リンゴ酸などがあります。

グリコール酸は、肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンを保護、強化して肌に弾力をもたらしてくれます。

バストアップのマッサージを行うときには素肌で行うと肌の摩擦や負担などが考えられます。

マッサージジェルや、マッサージクリームを塗ってのマッサージがお勧めです。

また、ジェルやクリームには、バストアップに効果的な成分が豊富に含まれているので即効性もあるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 15:39 | コメント (0)

天然ペプチド

バストアップクリームには天然ベプチドが含まれているものがあります。

天然ペプチドとは、科学的に処理をしたペプチドとは違って自然から生まれたものです。

分子の融合の仕方が多様で特定化されておらず食品本来の自然な栄養バランス改善で体調を整える事ができるといわれています。

ペプチドとは、人間にとっても、最も必要な栄養物質、アミノ酸、たんぱく質です。

60兆の細胞からなる人体のペプチドがその構成素と言われています。したがって、バストを形成するのにも大切な物質です。

天然ペプチドがバストアップジェルなどに含まれていることで、バストアップの助けとなります。

投稿者 oppaidaiji : 15:38 | コメント (0)

タラボリンヌ

タラボリンヌとは、ミネラルやビタミンなど、バストアップに有用な成分を含む海草からなる海洋複合成分です。

タラボリンヌの成分は、肌にミネラルを補給しリラックス効果も得られます。

また、毛細血管の循環を活発にうながしてくれるので、ホルモン分泌や、新陳代謝も活性化され、バストアップによいといわれています。

バストアップジェルや、ボディケアジェルなどに含まれている事があり、肌に潤いを与えると共に、代謝がよくなることでバストアップ・ダイエットにも期待ができます。

投稿者 oppaidaiji : 15:38 | コメント (0)

メマツヨイグサ

メマツヨイグサとは、別名・月見草のことです。

イブニングプリムローズとも呼ばれます。

メマツヨイグザは、北アメリカ原産のアカバナ科マツヨイグサ属の一種でオオマツヨイグサに比べると花の大きさや色が違います。

メマツヨイグザは、γリノレン酸(GLA)を豊富に含んでいることで知られています。

γリノレン酸は必須脂肪酸の1つで、アレルギーや女性独特の症状である月経前症候群や、セルライトに有効だといわれている成分です。

このメマツヨイグサ成分由来の複合体などが、コラーゲンの合成を促してくれるのと同時に、コラーゲンと同様に細胞の外で機能する繊維状のたんぱく質、エラスチンを守ってくれる効果があるので、バストアップジェルやクリームなどに配合されている事があります。

また、肌の滑らかさやハリをキープしてくれるのでバストアップ製品や、美容品などによく使用されます。

投稿者 oppaidaiji : 15:37 | コメント (0)

エラスチン

エラスチンとは、コラーゲンと同様に細胞の外で機能する繊維状のたんぱく質で、ゴムのように伸縮する性質をもっています。

エラスチンは皮膚の真皮や靭帯、腱など伸縮性の必要な器官に広く分布していますが、年齢と共にその含まれる量が減少していきます。

そのためにしわやたるみの原因となるといわれています。

エラスチンを含む食材には、牛すじ肉、手羽先、軟骨、魚の身と皮、などがあります。

様々なバストアップジェルの1つににエラスチンを含んだものがあります。それを使うことでバストにハリを持たせてくれたりする期待が持てます。

投稿者 oppaidaiji : 15:37 | コメント (0)

腕立て伏せ

腕立て伏せは、バストの基礎となる大胸筋を鍛えて強く大きくするためバストアップへの効果が期待できます。

回数を多くやるより、ゆっくりと丁寧に行うと、よりバストアップに効果的と言われています。

両腕の広げ方を狭くすると大胸筋の中央部に、大きく開くと大胸筋の外側を鍛えるのに効果的なため、バランス良く行うことで美しいバストアップをはかると良いと言われています。

投稿者 oppaidaiji : 15:36 | コメント (0)

拝み体操

バストアップエクササイズのひとつに拝み体操があります。拝み体操は、大胸筋を鍛えるのに場所を選ばずどこでもできるバストアップに効果的なエクササイズです。

まず、胸の前で両手を合わせて合掌します。手を前に出す感じにして、力を入れて7秒間くらい保ちながら、息をゆっくり吐きます。そのときに、大胸筋に力が入ってる事を意識するとより効果的です。

また、拝み体操の状態の手を、上下に動かしたりするのもバストアップに効果的でしょう。

力を入れた状態の姿勢を数秒保つ、このトレーニング方法は、アイソメトリック・トレーニングともいわれます。

投稿者 oppaidaiji : 15:36 | コメント (0)

タオル回し

バストアップに効果的なエクササイズに、タオル回しという方法が知られています。

①左右の手で、タオルの両端をつかんで、腕をまっすぐ下に伸ばす。
②その状態のまま、両手を前に出します。
③万歳をするように腕を上にあげます。
④後ろに回してください。
⑤後ろに行ったら、逆の動きで、腕を前に回してください。

それを何度か繰り返す事で、大胸筋が鍛えられ、バストアップに期待できます。タオルのつかむ場所の間隔が狭いと、腕が回らないので、注意してください。

投稿者 oppaidaiji : 15:36 | コメント (0)

大胸筋伸ばし

バストアップのために、大胸筋のエクササイズは欠かせません。

大胸筋は、普段伸ばしたりする事があまりないので、エクササイズで大胸筋を伸ばすことでバストアップを促します。

①四つんばいの状態になり、両手は肩幅くらいに開きます。
②両手を前に伸ばして猫が背伸びをしているような状態で胸を床につけるようにして大胸筋を伸ばします。
③伸ばしたら息を吐いて、7秒程度キープします。
④その後、ゆっくりもとの状態に戻り、大胸筋を縮めるような体勢をとるとよいでしょう。

これを何度か繰り返してください。

投稿者 oppaidaiji : 15:35 | コメント (0)

ウォーキング

バストアップを促すためにウォーキングは助けとなるエクササイズのひとつです。

また日常生活でも、歩き方はとても大切です。正しいウォーキング方法を知る事で、バストアップ効果や、ダイエット効果、O脚を解消するなど、様々な効果が得られます。

まず、基礎となるのが、姿勢です。背筋を伸ばし、姿勢を正しく保つ事で、腹筋・背筋が強まり、バストアップにつながります。

体中のばねを使うので筋肉が引き締まり、脂肪を効率よく燃焼する事ができます。

また、背筋を伸ばして歩く事で、便秘解消にもなるといわれています。

ウォーキングは、楽しいことや、理想の体型になった自分の姿などを想像しながら、ワクワクして行うとよりいっそう効果的であることが知られています。

投稿者 oppaidaiji : 15:35 | コメント (0)

モデルポーズ

バストアップに効果的なエクササイズのひとつにモデルポーズがあります。

モデルポーズは、背筋が伸びて腹筋・背筋に力が入るため、バストアップを助けるエクササイズとして知られています。

基本的に、立ち姿をキレイに見せるためのポーズなので、力みすぎず、リラックスしたポーズです。

軽くあごを引いて、背筋を伸ばして、姿勢をよくする、というのを意識的に行う事でバストアップ効果に期待が持てます。

また、このモデルポーズをは自然と信号待ちなどのときにもできますので、覚えておくと便利です。

投稿者 oppaidaiji : 15:35 | コメント (0)

遅筋

バストアップのために遅筋の存在を知っておきましょう。

遅筋とは筋肉の種類で、継続的に働いている筋肉のことを言います。

筋肉にはこの他に速筋というのがあります。

遅筋は低心拍時の有酸素運動に使われる筋肉で、脂肪を燃焼させ、収縮させる働きがあります。

この遅筋を動かしているのが皮下脂肪です。

背筋を伸ばして正しい姿勢を保つこと、背伸びをしたり、エクササイズをすることは遅筋を鍛えることになるので、バストアップ・ダイエット効果に期待が持てます。

投稿者 oppaidaiji : 15:34 | コメント (0)

大胸筋マッサージ

大胸筋マッサージはバストの血行をよくし、たれるのを防ぎます。

①右手を広げて親指以外の指をそろえる。親指は直角に立てる。

②体温計を脇の下にはさむような感じでくっつけ、親指以外の指を左脇の下にはさむ。

③親指は肩の付け根につけ、脇ではさみこむ。

④脇を中心に肩の付け根から乳房にかけて、親指の付け根で圧迫するようにマッサージ。 

⑤同様に反対のバストもマッサージ。

左右同じ回数を行い、バストのバランスを保つようにしてください。

投稿者 oppaidaiji : 15:32 | コメント (0)

乳房マッサージ

乳房マッサージは、自分でも手軽にできるバストアップ効果の高い方法のひとつです。

乳房の血行がよくなり、乳腺を刺激する事でバストアップが促されます。

また、乳がんのしこりを早期発見することにもつながります。

①左手を右乳房の上から内側に、右手は右乳房の下に当てます。
②乳房を優しく上に上げるように、弧を描くイメージでゆっくりマッサージします。
③手を逆にして、もう片方の左乳房も同じようにマッサージします。

このときに、カップをつぶさないように気をつけてください。

お風呂上りや入浴中など血行がよいときに行うと更にバストアップや美しいバストを保つ効果が期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 15:32 | コメント (0)

腋下リンパ

リンパマッサージは、新陳代謝を促進すると共に、老廃物の排出を促す効果があり、バストアップや、美肌・痩身などさまざまな効果の助けとなる方法のひとつです。

脇下のリンパは特に、リンパの流れが滞りやすい場所だといわれています。

腕のリンパ循環をよくすることで、バストアップや美しいバストを保つ助けとなるため、脇下リンパ節をマッサージする事はとても有効です。

やり方は、手ではさむようにもんだり、さすったり、おさえたりするだけでも効果があります。

リンパ液はマッサージや運動などにより、流れを促進するので、定期的に行う習慣をつけましょう。

投稿者 oppaidaiji : 15:31 | コメント (0)

だん中(だんちゅう)

だん中(だんちゅう)とは、女性ホルモンの働きを促進するツボで、バストアップに効果的なツボです。

左右の乳首を結んだ線の中央に位置します。指で押すと、痛みを感じる場所です。

だん中は、バストアップ効果だけではなく、肌を美しくする働きもあります。

また、だん中は、ストレスにも有効なツボといわれています。

マッサージの仕方は、ツボに指をあて、3秒押して3秒離します。これを何度か繰り返してください。

力の入れすぎに注意してください。

投稿者 oppaidaiji : 15:29 | コメント (0)

天渓(てんけい)

天渓とは、バストアップには重要な乳腺の発育と深く関係しているつぼです。

バストと胸部の境目、乳房の輪郭線のわきにあり、乳頭の高さに左右にあります。

天渓をつぼ刺激する場合は、左右の乳房を持ち上げるようにして、親指を使い内側に向かって押してください。

また、つぼ押しは、お風呂に入りながら行うとより効果が期待できると言われています。

お風呂の中でリラックスした状態でつぼ押しをすることで、ストレス解消にもつながります。

投稿者 oppaidaiji : 15:29 | コメント (0)

屋翳(おくえい)

屋翳(おくえい)とはバストトップのたてのライン上にあるつぼです。

乳房の膨らみの少し上の部分をやさしく指圧します。軽くゆっくり押して、指をぱっとはなすのが、コツです。
ツボを3秒押して、3秒離すという方法で行ってみてください。

屋翳を刺激する事で、血行がよくなったり、代謝が促進されるので女性ホルモンの分泌がうながされます。

ツボ押しをするときに、バストアップマッサージも一緒に行うと更に効果的です。

投稿者 oppaidaiji : 15:28 | コメント (0)

膺窓(ようそう)

膺窓(ようそう)は、第三肋間の乳頭線上にあります。
鎖骨と、乳首の間くらいに位置します。

膺窓を刺激する事で、乳房に直接刺激が与えられるので、乳房周辺の血行や、代謝がよくなり、乳腺の働きを促進すると共に、ホルモン分泌も活性化するといわれていますのでバストアップに効果的なツボです。

また、産後、母乳の出が悪いときに膺窓を指圧する事で、スムーズに母乳がでるとも言われています。

蒸しタオルなどで暖めて、血行をよくすることもバストアップ効果へ期待が持てます。

投稿者 oppaidaiji : 15:28 | コメント (0)

渕腋(えんえき)

渕腋(えんえき)は、バストアップに効果的なツボだといわれています。

渕腋は、脇の下にあるツボで、乳首から脇側に10センチ位のところにあります。
押すと痛みを感じる場所です。

渕腋を刺激する事で、肌にハリがもてたり、背筋を伸ばし、姿勢を正しく保ちやすいようになり、血行がよくなるため、バストへの栄養が効率よく補給されるようになるなど、様々なバストへの効果が期待できます。

全胸部にはバストアップに期待ができるツボがいくつかあるので、色々試してみるとよいでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 15:27 | コメント (0)

中府(ちゅうふ)

中府(ちゅうふ)は、鎖骨外端下のくぼみから、親指の太さくらい下の位置にあります。

肋骨の上から二番目を指で外側に向けてマッサージすると、腕の付け根にぶつかる少し前にあります。

中府を押すと、少量の力で圧痛が生じます。中府は、肺経の気が集まるツボという意味があり、呼吸機能を高めたり、呼吸器症状がある場合には、軽減させる効果もあり、風邪予防や、咳止めなどにもよいといわれています。

また、中府のあたりを8の字マッサージすると、大胸筋のリンパの流れがよくなり、バストアップにも期待が持てます。

投稿者 oppaidaiji : 15:27 | コメント (0)

乳根(にゅうこん)

乳根(にゅうこん)は、乳頭の真下にある第五肋骨間にあるツボです。
乳頭から、指2本分下にいったところにあります。

乳根を刺激すると、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌や、リンパの流れが促されるため、バストアップ効果に期待が持てます。

また産後、母乳が出にくい方は、母乳が出るのを促す効果があります。

乳腺炎や、胸脇痛にも効果的だといわれています。

お風呂の中や、入浴後など、リラックスした状態でツボ押しをすると、バストアップや美しいバストへの助けとなるツボです。

指でツボを3秒押して、3秒離す。このマッサージを何度が繰り返します。
力の入れすぎに注意して、優しく行ってください。

投稿者 oppaidaiji : 15:26 | コメント (0)

神封(しんぽう)

神封(しんぽう)は、前胸部の、第四肋間隙にあるつぼです。

神封をツボ押しで刺激する事によって心臓病、狭心症、動悸、息切れ、肋間神経痛、せきなどに効果があると言われています。

その他に、美容、特にバストアップやボディラインをきれいにするなどの効果も期待できるようです。

また、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌が促されるので、バストアップはもちろん、美しいバストを保ち、身体全体の老化防止や、母乳が出にくい場合などの助けとなるツボです。

投稿者 oppaidaiji : 15:25 | コメント (0)

膈兪(かくゆ)

膈兪(かくゆ) は、背中の、第七胸椎と、第八胸椎の間で、指二本外側に位置するつぼです。

膈兪は、横隔膜の変調を調整する効果があるので、しゃっくりを止めるときなどに、指圧してみると、解消できるとも言われています。

また、胃腸の調子を整えてストレスを減じてくれる効果があるほか、眠気を解消、胸部の痛みを和らげたり、不眠症の解消など、自律神経を整えてくれる働きがあります。

自律神経の働きは、バストアップに欠かせない女性ホルモンの働きに大きな影響を与えるため、膈兪を刺激することで、バストアップや美しいバストを保つ助けとなる働きが期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 15:25 | コメント (0)

天枢(てんすう)

天枢(てんすう)は、おへその両脇に指が2本分ほど外側に離れたところに位置するツボで、左右両側にあります。

天枢は内臓の変調を整えてくれる働きがあるので、内臓を整える事で全身の調整をとることができます。

胃腸からくる口内炎や、赤ちゃんの首がまがっている斜頸を解消したり、効果は様々あげられます。

中でも、バストアップに大切なホルモンバランスを整える効果があるため、冷え性・バストアップ・ボディラインをきれいにしたり、ヒップアップの助けともなるツボです。

投稿者 oppaidaiji : 15:24 | コメント (0)

肺兪(はいゆ)

肺兪(はいゆ)は、大椎という、首の後ろにあるこりこりした部分から、背骨のくぼみを下に3つ数えたところから、両脇に指1本半くらい外側に位置するツボです。

シロウトには、探すのが少しむずかしいツボです。

肺兪をツボ刺激すると様々な効果が期待できます。

胃腸の調子を整える働きがあるほか、血行の流れをスムーズにするため肩こりや、冷え性の解消、バストアップや、身体全体のラインをきれいにする、新陳代謝を促進など、更に呼吸器官の調整や、脱毛予防などにも効果があるといわれいます。

背中の上半分をホットパックやカイロなどで、温めると良いです。

投稿者 oppaidaiji : 15:24 | コメント (0)

身柱(しんちゅう)

身柱(しんちゅう)は、首の付け根にある出っ張っている骨から下へ背骨のくぼみが3つ目を数えたところに位置するツボです(第3胸椎棘突起の下)。

子どもには、万病に効くといわれており、毎日身柱を刺激する事で、健康増進効果が得られます。

また、バストアップに欠かせない女性ホルモンや、新陳代謝の働きを促進するので、バストアップや美肌効果、ボディラインをキレイにするなど、美容に関する様々な働きに期待が持てます。

低血圧や、脱毛予防にも効果的だといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 15:23 | コメント (0)

巨闕(こけつ)

巨闕(こけつ)は、おへそとみぞおちの直線状にあり、みぞおちにあるとがった骨(剣状突起)から、下に指2本分のところに位置するツボです。

吐き気や嘔吐に聞くツボの1つとして知られています。

また、巨闕を刺激する事で、血行がよくなり、肩こりや、首の痛み、頭痛、食欲不振などにも効果的など、様々な働きを促します。

バストアップや、美容に関係する働きを助けるツボでもあります。

ストレスにも効果的だといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 15:22 | コメント (0)

関元(かんげん)

関元(かんげん)は、おへそと恥骨間を5等分して、おへそから3/5のところに位置するツボです。
簡単にいうと、おへそから指3本分ほど下の位置で、丹田(たんでん)とも呼ばれる場所です。

関元は小腸の吸収機能に作用し、健康促進などに効果があることで知られています。

また、女性特有の生理痛を温和したり、バストアップに欠かせないホルモンの分泌を促進・ホルモンのバランスを調整する働きがあるとも言われています。

そのためバストアップや、ボディラインをきれいにしたり、髪や、肌にツヤ・ハリを持たせる助けとなるツボのひとつです。

このツボに手を当てて、腹式呼吸をおこなうと、ストレスや疲労に効果的だともいわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:57 | コメント (0)

天枢(てんすう)

天枢(てんすう)とは、おへそから外側へ指3本分(4センチほど)に位置するツボです。
両サイドにあり、押すと多少痛みがあります。

腸関係の重要なツボで、整腸に効果があるといわれています。

お腹が痛いときなどに刺激すると、痛みを温和する効果があることで知られています。

また、腸を整える事で、全身を調整し、新陳代謝の促進・ホルモン分泌を促すため、バストアップや、ヒップアップ・冷え性や生理痛などにも効果があります。

投稿者 oppaidaiji : 14:57 | コメント (0)

輙筋(ちょうきん)

輙筋(ちょうきん)は、脇の下の下方にあるツボで、真下より、指1本分手前に位置するツボです。

輙筋をツボ刺激すると、咳が酷いときや、ぜんそくなどの際に呼吸が楽になるといわれています。

また、輙筋付近を指圧・マッサージすると、リンパの流れが促されるのと同時に、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌も促されるので、バストアップやボディラインをきれいにするなど、美容効果を促す助けとなるツボのひとつです。

投稿者 oppaidaiji : 14:56 | コメント (0)

チーズ

チーズはバストアップに必要な良質のたんぱく質を多く含んでいる食品です。

良質なタンパク質は、血や筋肉を効率良く作り、女性ホルモンの働きを促進します。

チーズは動物性タンパク質なので、肥満を気にする人は、植物性タンパク質を多く取るという方法もあります。

またバスト以外の部分にまで脂肪がつかないように運動やエクササイズを行うのが良いと言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:54 | コメント (0)

ヨーグルト

ヨーグルトには、牛乳の栄養素と乳酸菌の二つの力が備わっています。

バストアップはもちろん、健康と美容に役立つ食品です。

ヨーグルトは、乳酸菌を多く含んでいるので、悪玉菌を減らし腸の健康を守ってくれます。

また、新陳代謝を活発にしてくれるので、老化を防止し、美容効果が得られるので、バストアップや、ダイエットにも最適の食品といえます。

ヨーグルトは、通常牛乳を発酵させて作られますが、アレルギーに配慮して、植物性のヨーグルトなども販売されています。

体質にあわせて選んでみましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:54 | コメント (0)

牛乳

昔から、牛乳には皮膚の老化を防ぎ、肌を美しくする効果があると言われています。

牛乳に含まれるたんぱく質の必須アミノ酸は、皮膚を作り出すためには欠かせない役目をしています。

また、牛乳に含まれるアミノ酸ははバストアップには欠かせない栄養素として注目されています。

キレイでハリのある肌を保つために牛乳はおすすめです。また、飲むだけではなく、身体の外側から取り入れる「牛乳風呂」がありますが、これは肌に栄養を与えてくれてキメ細やかな美肌をつくると言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:53 | コメント (0)

肉類

肉類には、バストアップには必要な栄養素の1つであるたんぱく質が豊富に含まれています。

血液や、筋肉をつくり、ホルモン分泌などに働きます。

動物性のたんぱく質である肉類や植物性のたんぱく質をバランスよく摂ることで女性ホルモンの働きが促進され、バストアップに効果が期待できます。

ただし、肉類にはバストアップに必要なたんぱく質以外に、脂肪も多く含まれています。従ってバストアップを目的とする肉類を中心としたたんぱく質の摂取は注意が必要です。

脂肪が少ない肉としては、鳥のささ身や、胸肉がオススメです。
蒸したり、衣をつけてあげると、パサつきが気にならなくなり、美味しくいただけます。

美容と健康のために、たっぷりのお野菜もいっしょにとると良いでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:53 | コメント (0)

魚介類

魚介類にはバストアップには必要な栄養素の1つであるたんぱく質が豊富に含まれています。

魚介類などの動物性たんぱく質は必須アミノ酸8種類をバランスよく含み、血液や、筋肉をつくり、バストアップに欠かせないホルモン分泌などに働きを助けます。

動物性のたんぱく質である魚介類や植物性のたんぱく質をバランスよく摂ることで、女性ホルモンの働きを促進され、バストアップ効果に期待が持てます。

投稿者 oppaidaiji : 14:53 | コメント (0)

理想のバストをつくるためには、規則的な生活とともに、バランスのとれた食生活が重要です。

卵はそれだけで、完全食品といわれています。

卵には、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、鉄、たんぱく質などがバランスよく含まれており、美肌、老化防止などの効果が期待される食品です。


バストアップに欠かせない女性ホルモンの働きを促す必須アミノ酸が含まれる良質なたんぱく質をとるためには、卵や肉類・魚介類などがお勧めです。

動物性のたんぱく質や、植物性のたんぱく質をバランスよく摂ることで、女性ホルモンの働きを促進してくれるので、バストアップ効果に期待が持てます。

しかし、これらの食品は、カロリーや脂肪も多く含まれるため、個人に合わせた適量に注意をおきましょう。


投稿者 oppaidaiji : 14:52 | コメント (0)

豆乳

豆乳とは、お豆腐を作る過程の中でできるもので、大豆をすりつぶして絞った汁の事をいいます。

高たんぱくで、コレステロールが気にならないと言われ、古くから健康食材・美容食材として注目されています。

豆乳の原料となる大豆には、イソフラボンという、女性ホルモンによく似た栄養素がふくまれています。

女性特有の症状である、更年期障害、骨粗しょう症なども、大豆イソフラボンである程度、改善、予防できるといわれています。

豆乳は、食事から摂取して内部からの栄養を摂取する事ももちろん、豆乳を使った美容製品などで、外側から摂取する事もできます。

美肌効果もあるので、バストアップのほかに、バストにハリを持たせてくれる効果も期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:52 | コメント (0)

豆腐

豆腐は、バストアップによい食材として知られています。

豆腐には、大豆イソフラボンという成分が含まれていて、これは植物性エストロゲンとも呼ばれ、バストアップに欠かせない女性ホルモンと同じような働きをします。

大豆イソフラボンを含む豆腐を食べる事で、植物性エストロゲンが摂取できるので、バストアップ効果の他に、肌を美しくたもち、美肌効果も期待できます。

また、豆腐はカロリーが少ないのでダイエットにも最適といえます。

木綿豆腐、厚揚げ、焼き豆腐などの硬めの豆腐は、肉の代用品として、絹ごし豆腐はデザートに使用できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:52 | コメント (0)

納豆

大豆には、植物性エストロゲンが含まれています。

これがバストアップに欠かせない女性ホルモンと同じような働きをするため、バストアップや美容に良いとされています。

しかし大豆はそのままでは身体に吸収されにくいという意見もあります。

納豆の場合は、大豆イソフラボンが納豆菌によって分解しやい状態となり、体内で効率よく吸収されると言われています。

そのため納豆はバストアップに効果的なほかにも、生理不順や冷え性、骨粗鬆症にもよいとされています。

納豆には、多くの栄養素(食物繊維、脂肪、たんぱく質、ビタミン各種、ミネラル各種など)が含まれていますが、ビタミンCとビタミンAが含まれていません。

それを補うのに、ネギを刻んで入れると完全食になるといわれています。

他の野菜とあえるのも、おすすめの食べ方です。

投稿者 oppaidaiji : 14:51 | コメント (0)

大豆食品

大豆食品は、バストアップには欠かせない食材の1つです。

大豆には、植物性エストロゲンが含まれ、これがバストアップに欠かせない女性ホルモンと同じような働きをするためです。

大豆イソフラボンを含む大豆食品を食べる事で、植物性エストロゲンが摂取できるので、バストアップ効果の他に、肌を美しくたもち、美肌効果も期待できることで知られています。

大豆を利用した食品としては、

・納豆
・豆腐
・油揚げ
・醤油
・みそ
・湯葉
・おから
・テンペ
・きなこ

など、さまざまな種類があります。

肉やチーズ代用品として、またデザートなどにも利用できます。

日本人は、昔から大豆食品を多く摂取しているため、欧米の女性に比べて、更年期障害が極端に少ないといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:51 | コメント (0)

マグロ

マグロには、バストアップには欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

マグロに含まれている栄養素の1つ、ビタミンEは脂溶性ビタミンですが過剰摂取しても排出されるので問題はありません。

老化の原因とされている、過酸化脂質を作られるのを防止してくれる働きがあるので、肌を美しく保つために欠かせない栄養素です。

また、マグロにはアミノ酸も含まれています。

アミノ酸は、バストアップをはじめ、ダイエットにも良いといわれ様々な美容サプリメントなどにも含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:51 | コメント (0)

緑茶

緑茶には、カテキンやビタミンC、クロロフィルなど様々な栄養素が含まれています。

皮膚細胞が生まれ変わるのを促進してくれることから、バストの美しさを保つ助けとなります。

また、抗酸化作用もあるので、肌が清潔に保たれるなどの効果もあります。

様々なバストアップサプリメントにも緑茶抽出物などが含まれており、バストアップや美肌効果、またダイエットなどにも効果が期待できます。

緑茶は美容製品の成分などにも含まれており、体の外からもその働きを活用することのできる成分のひとつです。

投稿者 oppaidaiji : 14:50 | コメント (0)

にんじん

にんじんには、身体を健康に保つために必要なベータカロチンを含みます。

野菜の中でもにんじんには、ベータカロチンが多く含まれているといわれています。

ベータカロチンは、体内で求められる必要な量だけがビタミンAに変わり、残りがベータカロチンとしての役目を果たすことで知られる美容には欠かせない成分です。

ビタミンAは、皮膚や粘膜など正常に保つ働きがあるので、ハリのある美しい肌を保ち、キレイなバストを作るために欠かせない栄養のひとつです。

その他に、ビタミンAは目の疲れにも有効だといわれています。

にんじんは、生のままより、加熱することでカロチンが吸収されやすくなります。

投稿者 oppaidaiji : 14:50 | コメント (0)

かぼちゃ

かぼちゃには、バストアップや美容には欠かせないビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。

ビタミンAは肌に潤いを与えてくれて若々しい肌を保ちます。

ビタミンCはしみを防ぎ抗酸化作用などがあり、にきびなどの防止にも良いとされています。

ビタミンEには、血行をよくし、新陳代謝を促進する働きがありますので、ハリのある肌を保つ事ができます。

これらを含んだかぼちゃはバストアップをはかり、美しいバストを保つためにとても助けとなる食材のひとつです。

また、かぼちゃは、体内の余分な水分を取り除く作用があるので、むくみにも有効です。


投稿者 oppaidaiji : 14:50 | コメント (0)

ビーナッツ

ピーナッツには、実・渋皮など共に健康によいと注目されている食品の1つです。

渋皮にはレスベラトロールというポリフェノールの一種の成分が含まれており、心臓病の予防や、生活習慣病の予防に効果的だといわれています。

実にはオレイン酸・レシチン・ナイアシンなどの成分が含まれており健康維持によいといわれています。

また、実にはボロンという成分も含まれていて、このボロンは、胸の脂肪だけを増やしてくれると言われており、ダイエットをしながらのバストアップに注目されています。

その他に、お通じをよくする食物繊維、オリゴ糖がふくまれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:49 | コメント (0)

豚肉

豚肉は昔から、身体によいということで沖縄県では日本一消費されている肉類です。

豚肉にふくまれるたんぱく質を摂ると肌や血管の弾力性をたもち、余分な修正脂肪を燃焼させて贅肉を少なくさせる効果があるといわれ、美容によいとされています。

豚肉には、バストアップに欠かせない女性ホルモンの働きを促すたんぱく質と共に、神経の働きを正常に保ってくれるビタミンB1も含まれています。

豚肉のビタミンB1の含有量は、牛肉の10倍といわれており、虚弱体質、疲労回復にもおすすめです。

投稿者 oppaidaiji : 14:49 | コメント (0)

うなぎ

うなぎは、バストアップに欠かせない良質なたんぱく質に加えて、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンEやカルシウム、鉄分などを含み、その栄養バランスの良さが知られています。

特に、ビタミンAと同じ作用をするレチノールも豊富に含まれ、カボチャなどに含まれる植物性カロテンの7倍もの働きをしてくれます。

皮膚や粘膜などの組織にも働き、美肌効果が得られる他、栄養バランスが良いのでバストアップにはとてもよい食材といえます。

投稿者 oppaidaiji : 14:49 | コメント (0)

鮭の身や筋は赤味をおびていますが、この赤はアスタキサンチンという活性酸素を取り除く力を持つとして知られる成分の1つです。

鮭には、他の魚介類にはあまり含まれていないビタミンAも豊富に含まれていますので、美容やバストアップによいといえるでしょう。

また、鮭の白子から抽出される成分や、その他コンドロイチン硫酸・コラーゲン・アミノ酸・ヒアルロン酸を含んだマリンコンドロイチンという鮭の抽出成分などがバストアップサプリメントなどに含まれる成分です。

投稿者 oppaidaiji : 14:48 | コメント (0)

いわし

いわしに含まれる良質なたんぱく質はバストアップに効果的です。

このたんぱく質を酵素分解してつくられたいわしペプチド(別名:サーデンペプチド)は、生体内消化酵素でも分解されにくく、ペプチドの効果が速やかに体内で発揮されますので、バストアップ、美肌効果に期待が持てます。

また、いわしに含まれる成分のひとつビタミンB6は、バストアップに欠かせない女性ホルモン、エストロゲンの代謝には欠かせない栄養素として知られています。

投稿者 oppaidaiji : 14:48 | コメント (0)

バナナ

バナナは、健康および、バストアップによい食品の1つです。

バナナには熟した時期によって3段階の効果があります。

青いバナナは便秘に良いとされており、ダイエットや美肌効果が期待できます。

普通の黄色のバナナはカリウムやマグネシウムが豊富に含まれており、血流の流れがよくなるといわれています。

熟して黒くホシが出てきたバナナには、免疫力アップの効果が期待できます。

バナナは、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品と一緒に摂取すると、栄養素が無駄なく摂取できます。

バナナは熱帯性の食べ物なので、常温で保存しましょう。冷蔵庫へ入れると変色してしまいます。

投稿者 oppaidaiji : 14:48 | コメント (0)

柑橘類

柑橘類には、クエン酸やビタミンCが豊富に含まれ、美容や健康、バストアップによいといわれています。

柑橘類から抽出された成分は色々ありますが、様々な健康食品や美容サプリメント・ダイエットサプリメントやバストアップサプリメントなどに含まれています。

食事に、柑橘類は簡単に取り入れることができますし、ダイエット中なども、柑橘類などを食べる事で、美容に必要とされる成分ビタミンCは摂取できるので、柑橘類はおすすめです。

投稿者 oppaidaiji : 14:47 | コメント (0)

海苔(のり)

海苔には、美容やバストアップに必要な成分ビタミン類やカロチンが豊富に含まれています。

特に、ビタミンAが多く含まれていることで知られています。

ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、ナイアシンなども、普通の野菜に比べると約10倍から100倍も多く含まれているといわれています。

海苔は朝食などにも気軽に取り入れることができるので、他の食材との栄養バランスをとることで、バストアップや美肌効果が期待できます。

海苔は和食だけでなく、洋風の料理にも意外に合うものです。

チーズやハンバーグ、パスタなどが合わせやすく、美味しいメニューです。

投稿者 oppaidaiji : 14:47 | コメント (0)

緑黄色野菜

緑黄色野菜(トマト・ほうれん草・ピーマンなど)には、バストアップに良いとされる成分、ベータカロチンを他の野菜よりも多く含みます。

このカロチンは、脂質に溶けるので吸収率がよく、カルシウムや鉄分はたんぱく質と一緒に摂取すると吸収率があがります。

他にもビタミンCやビタミンEなどが含まれています。

ご飯やパンなどの主食とともに、サラダ、煮物、炒め物などで緑黄色野菜を取り入れ、バランスのよい献立を心がけることで、バストアップに欠かせないホルモンバランスも整い、バストアップに効果的です。

投稿者 oppaidaiji : 14:47 | コメント (0)

イモ類

イモ類は一般的にはでんぷんが多いので、食べると太るという風に思っている方が多いようです。

ジャガイモや、サトイモなどは、ごはんに比べるとカロリーが半分なので、エネルギーの取りすぎを抑えてくれます。

また、イモ類は、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいるので健康維持や、美容、バストアップに効果的な食材です。

イモ類は、カリウムの宝庫といわれ、新陳代謝を高め、余分な水分を排出してくれる効果があるので、ダイエット効果もあり、バストアップにも期待ができます。

食べ過ぎるのはよくないのですが、適量を摂取する事で美容食になります。

投稿者 oppaidaiji : 14:47 | コメント (0)

ほうれん草

ほうれん草は、カロチンやビタミンC、鉄分が豊富に含まれていて貧血や風邪の予防、がん予防に優れているといわれている他、バストアップに効果的とされています。

ほうれん草やジャガイモなど野菜には、イソフラボン誘導体というエストロゲンに似た働きをしてくれる成分がf組まれています。

このイソフラボン誘導体は植物性エストロゲンとも呼ばれており美しいバストを保つためや若々しい肌を保つためなどに効果的です。

ほうれん草に含まれるビタミンAは、油と相性が良いので、炒め物、揚げ物など、油と一緒に摂取すると吸収が良くなります。

また、ほうれん草に含まれるビタミンCは、熱に弱いので、あく抜きのためにゆでる時は、1分以内にすると良いでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:46 | コメント (0)

果物

果物といっても、たくさんの種類があり、それぞれの成分が種類によって違ってきます。

ミネラルやビタミンCなどを含んだ果物はバストアップや美容、また、健康維持のためにも良いとされています。

また、果物の多くに含まれる植物性エストロゲンが、バストアップに欠かせない女性ホルモン、エストロゲンと同じような働きをしてくれるので、バストアップに効果的だといえます。

果物は、調理しなくても、そのままで摂取できるため、食事に取り入れやすいという利点があります。

ですが、果物には果糖が含まれるため、食べすぎには注意してください。

投稿者 oppaidaiji : 14:46 | コメント (0)

ごま

ごまには、白ごま、黒ごま、金ごまがあります。

ごまは、成長やバストアップには欠かせない良質なたんぱく質や脂肪・カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

また、最近注目されているミネラルの亜鉛も、ごまには多く含まれています。

亜鉛には、精神を安定させてくれる効果や、肌の健康を保つ、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌を促す、などの効果があります。

従ってバストアップのためにごまは効果的です。

また、ごまには抗酸化物質の「セサミン」が含まれています。

セサミンは、動脈硬化を防ぎ、肝臓を強化し、血圧を下げる効果があるという研究結果もあります。

ゴマは料理にも取り入れやすいので、バストアップレシピにも使いやすい食品のひとつです。

投稿者 oppaidaiji : 14:46 | コメント (0)

牡蠣(カキ)

牡蠣は、各種ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸など、さまざまな栄養素を含む、最高の美容食材・健康食材と言われています。

グリコーゲンというブドウ糖の分子が団子状に固められた糖源をはじめ、血中のコレステロールを下げてくれるタウリンや、8種類の必須アミノ酸をはじめ、18種類のアミノ酸を含んだ良質のたんぱく質、カルシウム、りん、亜鉛、鉄そしてビタミンEなどの良質なミネラルやビタミンを含有します。

亜鉛は、バストアップに欠かせない女性ホルモンを促すという効果があります。

従って牡蠣をとることで、バストアップ効果が期待できます。

生牡蠣に酢やレモンをかける食べ方は、ビタミンCやクエン酸により亜鉛を効率よく体内に吸収できるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:45 | コメント (0)

バター

バターには、乳脂肪をはじめ、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなど、バストアップには欠かせない成分が豊富に含まれています。

なかでもビタミンAは多く含まれ、皮膚や粘膜を健康に保つ働きをしてくれるので美肌効果が得られます。

ビタミンEは肌を身体の内側から若々しく保ってくれるのに有効だといわれています。

また、バターは他の油脂のなかでももっとも消化がよいとされているので、胃腸の弱い方にも食べやすい食材として知られています。

肥満予防に摂取量に注意しながら、さまざまな野菜とあわせて取ると、さらに効果的です。

バターは、料理に少し加えるだけで風味が良くなるという利点もあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:45 | コメント (0)

豚レバー

豚レバーは、鉄分やビタミンB、ビタミンB2が豊富に含まれています。

バストアップや貧血、視力低下、栄養不良などに効果があるといわれている食品の1つです。

また、豚レバーは、生理機能を高める働きがあり、古くから生理不順などの婦人病に用いられていたことが知られています。

豚レバーに含まれるビタミンB2は、細胞の再生や成長を促進する働きをもち、新陳代謝を高めてくれるので、美肌効果も期待できます。

バストアップには欠かせない成分、亜鉛も含まれています。

週に1度摂取すると、より効果的です。

豚レバー購入の際は、色が鮮やかに赤く弾力のある新鮮なものを選びましょう。白くにごったように見えるものは、避けるようにすると良いです。

投稿者 oppaidaiji : 14:44 | コメント (0)

牛肉

牛肉には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸など美容と健康に効果的なビタミンB群や、鉄分が豊富に含まれていますので、バストアップにも効果的といえます。

鉄分は、豚肉より多く含まれています。

ビタミンB2は、美容ビタミンと言われるくらい脂肪の燃焼には欠かせないビタミンです。

ビタミンB2が不足すると、脂肪太りを招きやすくなるといわれています。

また、肉類に含まれるビタミンB12は野菜には含まれていない成分なので、バランスよく摂るようにしましょう。

牛肉は、良質なたんぱく質を含むため、強弱体質の方におすすめですが、牛肉に含まれる脂肪には、コレステロールを上昇される働きもあるので、摂取量は、適量を心がけましょう

投稿者 oppaidaiji : 14:44 | コメント (0)

牛レバー

牛レバーにはビタミンAやビタミンB郡、ビタミンCや亜鉛、鉄などが豊富に含まれてるうえに、低カロリーという優れた待徴を持つことから、栄養の宝庫と言われています。

ビタミンB12は、たんぱく質や脂肪、糖質の代謝を助けてくれる働きがあり、牛レバーだと約5グラムで一日の摂取目安が摂れます。

また、ビタミンB6はバストアップに欠かせないエストロゲンの代謝に必要な栄養素ですが、牛レバーにはこのビタミンB6も豊富に含まれているため、バストアップによい食材といえます。

レバーは、豚、鶏、牛の種類が出回っていますが、栄養的な違いはありません。

好み、料理法にあわせて種類を選ぶようにするといいでしょう。

購入するときは、色が鮮やかで、弾力のある新鮮なものを選びましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:44 | コメント (0)

カレイ

カレイは、ビタミンB1や、ビタミンD、ナイアシンなど健康維持やバストアップに効果的な栄養素が豊富に含まれています。

また、脂質が100グラム中にわずか約2グラムしか含まれていないので、ダイエットにも最適だと言えます。

カレイのヒレの付け根にある、たんきという細かい骨の付け根部分にあたるエンガワは、皮膚を若返らせてくれるコラーゲンという物質を豊富に含んでいます。

このコラーゲンは、加熱するとゼリー状になるので、食べやすく、料理に無駄が出ません。

また、調理する際にはひまわり湯や綿実油を使うとより美肌に効果的です。

体の表面に透明感のあるものが新鮮です。平らで肉厚のものを選ぶと良いでしょう。

カレイの旬は、秋から冬にかけてです。

投稿者 oppaidaiji : 14:43 | コメント (0)

たらこ

たらこはスケトウダラの卵で、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンEが豊富に含まれているため、美容やバストアップに効果的な食材だといえます。

特に、皮膚の若返りや美肌効果をもたらせてくれるビタミンEが豊富なので、美容にとてもよいといわれています。

また、ビタミンEは、ホルモン分泌に関わるビタミンで、皮膚の代謝を高めてくれる働きもあります。

うるおいのある肌と美しいバスト、バストアップのためにも、ビタミンEは欠かせません。

投稿者 oppaidaiji : 14:43 | コメント (0)

すじこ

すじことは、サケやマスのな卵を、卵巣のまま取り出して、塩漬にしたもののことをいいます。
(卵を卵巣から取り出して、1粒づつバラバラにして、塩や醤油でつけたものは、“いくら”といいます)

すじこは、ビタミンB2やビタミンEを多く含んでいるので、バストアップをはじめ、美容によい食材のひとつです。

ビタミンB2が、皮膚や粘膜を健康に保ち、細胞の再生を助ける働きをしてくれるので、バストの発育に必要なビタミンです。

また、ビタミンEはバストアップに欠かせない女性ホルモンの働きを整えてくれる働きを持つので、ハリのあるバストを作るのに効果的だといえます。

さらに、ビタミンEは毛細血管を拡張して、肩こりや冷え性などの症状を軽くする働きもしてくれます。

投稿者 oppaidaiji : 14:43 | コメント (0)

肝油

肝油とは、サメやくじら、たらの肝臓から抽出した脂分のことを言います。

肝油には、ビタミンAやビタミンDが含まれているほかに、スクワランやアルコキツグリセロールといわれる化合物など、健康促進や美容、バストアップに効果的な成分が多く含まれています。

スクワランは肌を柔らかくして、皮膚呼吸や皮膚の新陳代謝を高めてくれる働きがあるので、しっとりした、若々しい肌と美しいバストを保つ働きがあるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:42 | コメント (0)

ひじき

ひじきは、美容のビタミンといわれるビタミンAを豊富に含みます。

また、ひじきの半分が食物繊維なので、健康食材として注目されています。

食物線維はビタミンB群の合成を助ける働きがあり、大豆、肉、魚などのタンパク質と一緒に料理すると、その働きがさらにアップします。

カルシウム含有率も牛乳の約12倍といわれ、ミネラルが豊富にふくまれています。

アレルギーなどで牛乳が摂取できない方、牛乳が嫌いな方には、おすすめのカルシウム供給源です。

ひじきには、ボロンという成分も含まれており、このボロンとはバストアップに欠かせないエストロゲンを血中に多く存在させる働きがあり、ビタミンDを変換します。

エストロゲンの働きは、バストアップにとって重要といえるでしょう。

ひじきは料理に使用するさい、水につけて戻します。長い時間つけすぎると、栄養まで一緒に出てしまいますので注意してください。

投稿者 oppaidaiji : 14:42 | コメント (0)

わかめ

わかめは、カルシウム、カリウム、ヨウ素、ビタミンA、ビタミンB2やビタミンVを豊富に含んだ健康食材や美容食材という事で知られています。

また、低カロリーなので、ダイエットにも最適だといえるでしょう。

ボロンというバストアップに欠かせない女性ホルモン(エストロゲン)を分泌させてくれる成分も含まれているので、バストアップにも効果的です。

ボロンは別名ホウ素とも呼ばれ、わかめ以外では、りんごや梨、ぶどう、桃、ピーナッツ、寒天などに含まれています。

わかめは、お味噌汁やサラダなど簡単に食事に取り入れることができるので、バストアップ食材や健康食材としてもおすすめです。

投稿者 oppaidaiji : 14:42 | コメント (0)

パセリ

パセリは、地中海沿岸が原産地のせり科の植物です。

ビタミンやミネラルが多く含まれた代表的な緑黄色野菜の1つです。

パセリにはビタミンAに変化してくれるベータカロチンが多く含まれ、身体の老化や癌を防ぐ効果もあるといわれています。

また、バストアップには欠かせないビタミンBやビタミンB1なども含まれるほか、食物繊維なども含まれているので便秘の改善にも効果的です。

美容や健康、バストアップには最適な食材の1つです。

投稿者 oppaidaiji : 14:41 | コメント (0)

アーモンド

アーモンドは、バストアップや健康促進のために最適なビタミンEやビタミンB2、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維など11種類の栄養素を含んでいます。

アーモンドの摂取は太りやすいというイメージがありますが、実はアーモンドに含まれる脂質の70%がオレイン酸というもので、善玉コレステロールを維持してくれる成分です。

その上、脂質は満腹感を与えるので、ダイエットにも最適な食材といえるでしょう。

アーモンドと一緒に、緑黄色野菜など、ビタミンCが豊富に含まれている食材を一緒に摂る事は、バストアップやバストを美しく保つための大きな助けとなります。

投稿者 oppaidaiji : 14:41 | コメント (0)

ピスタチオ

ピスタチオは、3千~4千年前から、トルコやペルシャなどの地中海沿岸地方で食用に栽培するようになったと言われています。

うるし科の落葉樹で、現在ではイランが生産国の第一位です。

ピスタチオは、ほかのナッツと同じように、そのまま食べるほか、キレイな緑色をしているため、ケーキなどのデザートに飾りつけとして、よく利用されます。

ピスタチオには、ビタミンAからビタミンB6、マグネシウム、鉄、動、リンなどや、カリウムを含む亜鉛といったバストアップを助けるミネラルが多く、栄養豊富なためダイエット食材やバストアップ食材としてもよいといえます。

投稿者 oppaidaiji : 14:41 | コメント (0)

栗には、良質なたんぱく質をはじめ、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどが含まれているので、バストアップに効果的な食材の1つだといえます。

栗の渋皮には、タンニンと呼ばれる抗酸化物質が含まれており、ガンの予防にも役立つとされています。

栗には食物繊維も多く含まれているので、ダイエットや便秘対策にも最適な食材です。

栄養をバランスよく摂る事で、ホルモンの分泌を促しバストアップに繋がるので、1つの食材を偏って摂るのではなく、栄養バランスを考えて、様々な食材を摂取するように心がけましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:41 | コメント (0)

舞茸

舞茸は、サルノコシカケ科に属するきのこです。

昔、舞茸を見つけたときに舞って喜んだ事から、舞茸と呼ばれるようになったそうです。

舞茸には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、バストアップの助けとなる食材のひとつです。

舞茸は、ガン・エイズ・ダイエットによいとも言われています。

舞茸に含まれる成分のβグルカンは他のきのこに含まれている量よりもはるかにガンに対する効果が高いという事がわかっています。

味も美味で、人気のあるきのこのひとつです。

投稿者 oppaidaiji : 14:40 | コメント (0)

玄米

玄米とは、お米のもみ殻のみを取り除いたものです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含み、特にビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンB12、パントテン酸、葉酸などが豊富なため、バストアップやダイエット、健康維持によい食材として人気があります。

また、この玄米は普通に食材としても有効ですが、美肌効果もあるので、美容液などの美容製品や、バストアップサプリメント、黒酢などにも含まれていることがありまます。

玄米を美味しく炊くには、コツがあります。

1時間以上水につけ、塩をひとつまみ加え、圧力鍋や、土鍋などで炊くと、もっちりと美味しく炊けます。火にかける時間は、鍋によって違ってきます。

また、2~3日ほど水につけておくと、発芽して、“発芽玄米”になります。発芽玄米は炊飯器で普通の白いお米同様に炊くことが出来て便利です。

玄米は白米に比べて、食物繊維を多く含むため、胃腸の弱い方はお腹をこわしてしまう場合があります。

そういう方は、分つき米、または胚芽米をためされると良いでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:40 | コメント (0)

ごはん

バストアップをするためには、毎日、規則正しい食生活を送ることが重要です。

現代では、お仕事などで、なかなか食事をバランスよく摂る事が難しいといわれていますが、3食バランスよくご飯を食べる事で、ホルモンバランスや自律神経などのバランスが取れ、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌も自然と促されるので、バストアップを助けます。

また、規則正しく食べる事で、無理なくダイエットもできるのと同時に、健康維持にもなります。

投稿者 oppaidaiji : 14:40 | コメント (0)

とうもろこし

とうもろこしは16世紀に、ポルトガル人によって日本に伝わってきた食材で、原産地はメキシコ・アメリカ南部だといわれています。

とうもろこしには、糖質が多く、バストアップに効果的なビタミンやミネラルをバランスよく含んでいる食品です。

また、とうもろこしの粒の白い部分にはコーン油になる脂肪分や、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンEなどを含んでおり、コレステロールを下げる効果などもあります。

とうもろこしは鮮度が命です。生のとうもろこしを購入したら、その日のうちに食べてしまうのが美味しく食べるコツです。

残った場合は、冷凍保存がおすすめです。

投稿者 oppaidaiji : 14:39 | コメント (0)

にんにく

にんにくは、ユリ科ねぎ属の多年草で、原産地はアフリカや中国原産説などがありますが、中央アジアのキルギス地方原産説が有力だといわれています。

にんにくには、たんぱく質や糖質、リン、ナトリウム、ビタミンB1などが多く含まれており、バストアップを助ける効果的な食材だといえます。

また、にんにくにはアリシンというにんにく独特のにおいを持つ成分が含まれています。

その効果は、強い殺菌効果や、疲労回復、老化防止、精神安定や血行促進など幅広いものです。

にんにくは、刺激が強いため、食べすぎには注意してください。空腹時の大量摂取は、胃に負担がかかります。

投稿者 oppaidaiji : 14:39 | コメント (0)

長ネギ

長ネギは、ユリ科の植物で、秋から冬にかけてが旬で、バストアップを助ける食材の1つです。

長ネギには硫化アリルという成分が含まれており、これが胃腸を刺激して消化液を分泌し食欲増進させるので、夏バテによいといわれています。

また、関西地方では白ネギと、言われ、白い部分が多いものが有名ですが関東地方では、青ネギと呼ばれる葉の部分が多いネギのほうが有名です。

それぞれ効用も違いますが、長ネギに含まれるアリシンという成分が疲労回復や風邪などによいといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:39 | コメント (0)

たんぱく質(蛋白質)

バストアップや美しいバストのためにたんぱく質は、欠かせない栄養素です。

たんぱく質は、人間の筋肉や、内臓や組織、髪の毛などをつくっています。

髪の毛やつめだけではなく、皮膚も周期的に生まれ変わるものなので、キレイなお肌や、髪の毛などを作るために欠かせません。

また、たんぱく質には動物性と、植物性とがあります。

やせている方は、両方をバランスよく摂取し、ダイエット中の方は、植物性を摂取するように意識する事で、理想的なバストアップ効果が得られるでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:38 | コメント (0)

モロヘイヤ

モロヘイヤとは、エジプト原産の野菜で、ベータカロチン、ビタミンB郡、鉄、カルシウムやカリウムなどの栄養が豊富に含まれており、バストアップによい食材の1つです。

また、食物繊維も豊富で、便秘解消やダイエットにもよいとされています。

モロヘイヤは毎日摂取したい成分が、バランスよく含まれているため、注目されている食材の1つです。

バストアップしたくても、なかなか忙しい方や、食事が偏りがちな方にとっては、簡単に栄養分が摂取できるので、お勧めです。

投稿者 oppaidaiji : 14:38 | コメント (0)

トマト

トマトには、ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2,ビタミンCのほかに、鉄分、カルシウム、カリウムなど、ミネラルが約15種類含んでいる、栄養価のとても高い緑黄色野菜の1つです。

そのためバストアップや、健康促進にはとてもよい食材だといえます。

また、トマトに含まれるリコピンは、抗酸化能力を持ち、ビタミンEの約100倍だといわれています。

更にリコピンには美白効果もあるといわれているため、バストアップのほか、美しいバストのためにも期待が持てる食材です。

投稿者 oppaidaiji : 14:38 | コメント (0)

砂糖

砂糖は、三大栄養素の1つである、炭水化物の仲間です。

砂糖はごはんや麺類、パンなどと同様に、体内で、身体や脳のエネルギーとなるブドウ糖をつくるという大切な働きをしています。

バストアップには、炭水化物に含まれる糖分が必須の栄養分ですが、砂糖は、摂りすぎると当然太ってしまうので、一日の摂取量を考えて摂るようにしましょう。

特に、白砂糖はクセがなくつい録りすぎてしまう傾向にあります。

自分でお料理をするときは、みりん、てんさい糖、きび糖、はちみつ、黒砂糖など、カロリー意外のミネラル類を含むこれらの糖分を上手に利用してみましょう。

ある程度クセがあるため、取りすぎ予防にもなります。

投稿者 oppaidaiji : 14:38 | コメント (0)

ニラ

ニラは、ユリ科ネギ属の多年草で、バストアップに効果的な緑黄色野菜の一つです。

西アジアからインド、東南アジアやシベリアにかけて分布し、各地で大変よく生育しており、日本にも古来から自生していたという説もあります。

ニラには、バストアップには欠かせない成分であるベータカロチンや、ビタミンAビタミンC、ビタミンEを豊富に含んでいる上に、アリシンと言う成分がビタミンB1と結合して、吸収を効率良くさせています。

また、食物繊維も豊富なので、便秘がちな方にもオススメの野菜です。

新鮮で、緑色が濃いもの、葉が肉厚で、幅の広いものを選ぶようにしましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:37 | コメント (0)

じゃがいも

じゃがいもは、ナス科ナス属の植物で、日本では男爵いも・メークインなどの種類が有名です。

じゃがいもには、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB3,ビタミンB6、ビタミンC、ナイアシン・葉酸・カリウムなど、様々な栄養分が豊富に含まれているので、バストアップに効果的な食材のひとつです。

また、カロリーは、ご飯が100グラムで140kcalなのに対して、じゃがいも100グラムで70kcalなので、ダイエットにも最適です。

購入のさいには、表面が緑色に変色していないもの、芽が出てないもの、表面がボコボコではないものを選びましょう。

じゃがいもは、日光にあたると光合成をして有害物質を作り出すので、保存は日の当たらない場所を選びましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:37 | コメント (0)

さくらんぼ

さくらんぼは、バラ科サクラ属の落葉高木です。またの名を桜桃とも呼ばれています。

日本では、山形県が有名な産地です。

さくらんぼは、有機酸とブドウ糖や鉄分を多く含み、疲労回復や美容などに効果があるといわれています。鉄の含有量は、果物の中でもトップクラスです。

また、体を温める作用があり、むくみ解消や、気管支炎の消炎、食欲不振改善など効果は様々です。

その美肌効果により、美しいバストやバストアップを助ける美味しい食材のひとつといえるでしょう。

さくらんぼの旬は、6月から7月です。軸に鮮やかな緑色のもので、実の表面にツヤがあるものを選ぶと良いでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:37 | コメント (0)

プラム

プラムとは、中国を原産する、バラ科サクラ属の落葉小高木です。

日本ではすももという名前で知られているこの果実、たくさんの種類があり、種類によって果実の色が紅や黄色、果肉は淡黄色や紅色など様々です。

日本では山梨が生産量一位です。

バストアップに効果的なビタミン類やリンゴ酸などが豊富に含まれています。そのことから、疲労回復や健康維持・健康促進にも効果的で、古くから親しまれている果物です。

ドライフルーツのプルーンもプラムの一種で、鉄分を多く含有します。

投稿者 oppaidaiji : 14:36 | コメント (0)

サヤインゲン

サヤインゲンはインゲンマメ、マメ科の一年草です。

中南米が原産地で、15世紀末にヨーロッパを経由して、中国に伝わり、1654年に明からの帰化僧である、隠元禅師が日本にもちこんだとされ、この名前がついたそうです。

サヤインゲンは、ビタミンB群がバランスよく含まれており、またカリウム、カロチン、食物繊維を豊富に含んでいるので、便秘解消や、バストアップなど、美容効果が期待できる野菜のひとつです。

また、調理方法も塩茹でするだけでもおいしく食べることができるので、忙しい方などにもおすすめです。

サヤインゲンに含まれるB1、B2は熱に弱いうえ、水に流れてしまう性質があるので、加熱しすぎや、切ってから水につけたりしないようにしましょう。

カロチンは油で調理すると吸収率があがります。

投稿者 oppaidaiji : 14:36 | コメント (0)

プエラリアミリフィカ

プエラリアミリフィカとは、タイの北西部の山岳地帯に自生するマメ科クズ属の植物のことです。

プエラリアミリフィカはガウクルアとも呼ばれています。

イソフラボン、クワクリン、プエラリンと言った成分が含まれ、女性の美容と健康、バストアップに役立つ植物といわれています。

プエラリアミリフィカのイソフラボン含有率は、大豆の約40倍といわれています。

サプリメントのほかに、プエラリアミリフィカの成分が入ったバストアップ用のジェルやクリームなども販売されています。

投稿者 oppaidaiji : 14:34 | コメント (0)

アミノ酸

アミノ酸とは、人間の身体の細胞、ホルモン、酵素などを形成する栄養素で、食べ物として摂取したたんぱく質が、体内で分解された形のことをいいます。

バストアップには不可欠な栄養素です。

食べ物のうまみ成分でもあり、発酵食品に多く含まれます。

バストアップの基礎となる筋肉の栄養としての働きの他にも、脂肪を燃焼させやすくし、代謝を活発にする働きに関係していると言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:34 | コメント (0)

ビタミンA

ビタミンAとは、別名レチノールと言われています。

粘膜の維持には無くてはならないもので、皮膚や臓器の健康を保っています。

ビタミンAは余分に取りすぎると過剰症といって身体によくない症状を引き起こすことがあります。

また、ビタミンAは視力が下がるのを防止する働きもあります。

更にビタミンAには、皮膚の新陳代謝を活発にして、ハリをよみがえらせてくれる効果があるので、バストアップにも効果的といわれるビタミンのひとつです。

ビタミンAを多く含む食品は、バター、肝油、チーズ、牛乳などの動物性食品のほか、緑黄色野菜にも多く含まれます。

投稿者 oppaidaiji : 14:33 | コメント (0)

ビタミンE

ビタミンEは、発見されてから約半世紀以上がたち、抗酸化作用があり、老化を防止してくれるビタミンとして注目を集めている脂溶性ビタミンの中のひとつです。

植物油や種実類・小麦胚芽などに多く含まれ、野菜では緑黄色野菜、豆類に多く含まれます。

ビタミンEは体内の酸化作用でつくられた活性酸素を分解して、身体の中の過酸化脂質ができないようにしてくれます。

血液の循環を良くし、肌の色やツヤを出し、美肌効果が得られるうえに、バストにもハリを出してくれるなど、バストアップの助けになるビタミンです。

投稿者 oppaidaiji : 14:33 | コメント (0)

ビタミンB

バストアップを助けるビタミンのひとつにビタミンBがあります。

ビタミンB郡には9種類があって、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、ビチオン、葉酸、リポ酸にわけられます。

ビタミンBは発育には欠かせないと言われており、成長を促します。

水溶性で、水に溶けやすく熱に弱いため、調理すると成分の多くが失われてしまいます。調理のさいは、過熱しすぎないこと、切ってから水にさらしたり、ゆでたりしないようにすると良いでしょう。

ビタミンB群は、過剰に摂取しても体外に排出されることで知られています。

ビタミンBを摂ることで肌とバストのハリがでると言われており、バストアップに期待がもてる栄養素です。

ビタミンB群は、肉、肝臓、卵、緑黄色野菜などに多く含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:33 | コメント (0)

ビタミンB6

ビタミンB6は、水に溶けるため水溶性のビタミンのひとつです。

ビタミンB6は腸内細菌によって体内でもつくられます。

たんぱく質からのエネルギー生産と、皮膚や粘膜の健康を維持するための働きを助けてくれます。

このビタミンB6が不足してしまうと、口内炎や貧血・脂肪肝になるということがよく知られています。

また、ビタミンB6は美容素材にもなるといわれているので、美しいボディラインを作ったりバストアップによいとされています。

ビタミンB6は、魚、豆、酵母、肝臓、肉類、卵、牛乳、乳製品に多く含まれます。

投稿者 oppaidaiji : 14:33 | コメント (0)

ビタミンB12

ビタミンB12は、バストアップを助ける水溶性のビタミンのひとつです。

貧血に有効とされる成分が別名コバラミンと言われています。

ビタミンB12は、赤血球のヘモグロビンを生成するのを助けてくれる働きをしてくれ、ビタミンB12が不足すると、赤血球が減ったり、巨赤芽球性貧血という悪性の貧血になってしまうことが知られています。

また、新陳代謝を高めるところから、バストアップを助ける栄養素のひとつとして知られています。

ビタミンB12は、肝臓、肉、魚、チーズ、卵などの食品に多く含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:32 | コメント (0)

ビタミンC

ビタミンCはバストアップを助ける水溶性のビタミンです。

美容や美肌効果によいということで、最も広く知られているビタミンの1つです。

ビタミンCには、抗酸化作用があり、お肌のしみやしわ、老化を防いでくれますので、バストにハリを持たせるために摂取するとバストアップを助けます。

ビタミンCはストレスや、タバコに含まれる成分で壊れてしまいやすいので、喫煙者や、ストレスが多い方は、たっぷり摂取するといいでしょう。

ビタミンCは、ブロッコリー、イチゴ、レモン、ピーマン、柿、大根、ホウレンソウ、カリフラワー、サヤエンドウ、キャベツ、柑橘系の果物、サツマイモなどの食品に多く含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:32 | コメント (0)

ミネラル

バストアップを助けるサプリメントにミネラルがあります。

ミネラルとは、鉱物のことで、身体の機能を維持したり調節したりするのに、必要不可欠な栄養素です。

ミネラルの種類は、カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・塩素・リン・マンガン・銅・亜鉛・鉄・セレン・コバルト・ヨウ素などがあります。

人の身体は95パーセントが有機物(酸素・炭素・水素・窒素)で構成されていて5パーセントが無機物、鉱物であるミネラルで構成されています。

ミネラルや、ビタミン・たんぱく質のバランスがよいと、バストアップを促すと考えられています。
偏らずバランスを考えて採るのがおすすめです。

投稿者 oppaidaiji : 14:32 | コメント (0)

亜鉛

バストアップには女性ホルモンの活動が欠かせません。

その女性ホルモンの働きを助けるのが亜鉛です。

亜鉛とは、ミネラルの成分の中のひとつです。

たんぱく質の合成にかかわる酵素を構成する成分として重要です。

亜鉛が不足すると、味覚障害が引き起こされるといわれています。

最近、若い女性に亜鉛不足がよくみられることが言われています。
スナック菓子、レトルトなど、お手軽食品は控えめにするのがおすすめです。

亜鉛を多く摂取すると、精神不安定を解消したり、免疫力を高めたり、女性ホルモンの分泌を促す効果があるので、美肌効果やバストアップに効果的です。

亜鉛は肉類・魚介類・ナッツ類・米ぬかなどに含まれており、特にレバーに多く含まれています。

亜鉛は、クエン酸やビタミンCとともに摂取すると、吸収が良くなります。
生牡蠣にレモンは理想的な摂取方法の1つです。

投稿者 oppaidaiji : 14:31 | コメント (0)

イソフラボン

バストアップに女性ホルモンの働きは欠かせません。

その女性ホルモンと似た働きをする栄養素が、イソフラボンです。

イソフラボンとは、大豆灰胚軸にアグリコン、配糖体として、多く含まれる物質で、植物性ステロイド・ファイトエストロゲンを豊富に含んでいます。

このイソフラボンはエストロゲン(女性ホルモン)に似た作用をもつ天然成分なので、イソフラボンを摂取することで、美肌効果・バストアップに効果的です。

女性の美しさや、美肌を保つためには、女性ホルモンが不可欠ですので、積極的に摂取すると良いといわれています。

大豆を加工した食品の中で、味噌がもっとも身体に吸収しやすい形のイソフラボンを含んでいるという研究結果もあります。

安易にサプリメントで摂取するよりも、お味噌汁を自分で作って飲むのがおすすめです。

どんなものでも、取りすぎは逆効果ですので、過剰摂取はさけてください。

投稿者 oppaidaiji : 14:31 | コメント (0)

ボロン

バストアップに欠かせない女性ホルモンに働きかける栄養素が注目されています。

そのひとつがボロンです。

ボロンとは、最近の研究で女性ホルモンのエストロゲンの分泌を高める働きがあることが証明されています。

血中のエストロゲンの一種であるエストラジオールの濃度を高めてくれます。

また、ボロンは、骨の形成にも関わっています。

ボロンを摂取することで、エストロゲンの分泌を高めてくれるので、バストアップや美肌効果にとても期待ができます。

果物、野菜、海草などに多く含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:31 | コメント (0)

ザクロエキス(ザクロ種子)

ザクロエキスとは、果物のザクロに含まれているエキスです。

バストアップに期待されるザクロエキスは、人体で合成されるヒトエストロゲンと同じ分子構造を示すと話題になりました。

そのためザクロエキスを飲むことで、肌の弾力を取り戻したり、きめを細かくしたりする美肌効果や美容にとてもよい効果があると言われています。

このようなザクロエキスに含まれる成分が、女性ホルモンに似た働きをするので、バストアップにもとてもよいとされています。

投稿者 oppaidaiji : 14:30 | コメント (0)

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーとは蜂蜜と花粉を食べた働き蜂が、ごくわずかに分泌する乳白色をしたクリーム状の物質です。

女王蜂がえさとして食べる特別な食べ物で、これを食べることによって、メス蜂の幼虫が女王蜂となります。
(蜂蜜・花粉という普通の食べ物を食べたメス蜂の幼虫は、働き蜂となります。)

ローヤルゼリーは高純度のたんぱく質、水分、糖分、脂肪などで、必須アミノ酸とカリウムやビタミンB群を含んでいるので、美容や健康によいとされており、美肌効果もあるので、きれいなバストのためにも効果的といわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:30 | コメント (0)

ワイルドヤム

ワイルドヤムとは、ヤマイモ科の植物で、日本では野生ヤマノイモという名前で呼ばれています。

北米の中西部から東部にかけて自生する植物で、南米のメキシコが原産地として知られています。

バストアップに欠かせない女性ホルモン(エストロゲン)を抽出するための原料として使用されています。

そのため女性のハーブとしても注目されており、月経困難や神経痛・リュウマチの治療にも効果があるといわれています。

最近では、バストアップのサプリメントなどにも多く含まれており、バストアップ効果が期待できることで知られています。

投稿者 oppaidaiji : 14:30 | コメント (0)

コラーゲン

コラーゲンとは、動物の体の中にもっとも多く含まれ、生態のたんぱく質の内、2割から3割を占めているたんぱく質です。

皮膚組織の7割を占めているとも言われており、コラーゲンが不足すると、肌の水分が失われてしまいます。

そのためコラーゲンを摂取することは、美肌効果や、健康維持に欠かせない栄養素とされています。

バストにハリを持たせたり、バストアップするためにも欠かせない栄養素のひとつといえるでしょう。

コラーゲンは、肉や魚のゼリー状の部分に多く含まれています。

コラーゲンを多く含む食品は、フカヒレ、ウナギ、カレイ、豚足、煮こごり、牛すじ、鶏の皮、手羽先などです。

投稿者 oppaidaiji : 14:30 | コメント (0)

ペプチド

ペプチドとは、たんぱく質が分解されて、アミノ酸になるまでの過程においてできる物質のことです。

2種類以上のアミノ酸が結合してできたたんぱく質と、アミノ酸の中間産物です。

大豆ペプチドは、健康や美容で名前が知られていますが、大豆たんぱく質を効率よく吸収ができるのということで、注目されています。

ペプチドには、体内の基礎代謝を高める働きがあるため、脂肪を効率よく燃焼させる事ができると言われています。

別名ペプタイドと呼ばれるペプチドは、ダイエットや、美容効果もあるので、美しいバストを目指したり、保つために良いとされています。

投稿者 oppaidaiji : 14:29 | コメント (0)

レッドクローバー

レッドクローバーとは、ハーブの一種で、豆科に属する多年生植物です。
和名・アカツメクサのことです。

ヨーロッパでは伝承的に健康のためのハーブとして用いられていました。

草丈は30~60cmほどで、多数の赤紫色の花をつけます。

大豆と同じくらいイソフラボンを含むことで注目されています。

また、ホルモンバランスを整えるサプリメントとしても非常に高い評価を受けており、欧米では化粧品にも用いられる美容素材でもあります。

ホルモンのバランスを整えてくれるので、バストアップ効果、美容効果が高いので、バストにハリを持たせる効果も期待できると言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:29 | コメント (0)

マカ

マカとは、カブに似た形をしたアブラナ科の植物です。

南米アンデス山脈の、海抜4400メートル以上の高原で受け継がれながら栽培されている、ハツカダイコンに似た形をしている天然の植物(根菜)です。

アンデスの人々にとっては、疲労回復や滋養強壮として用いられてきました。

マカにはたんぱく質・ビタミン・カルシウム・鉄・銅など、各種のミネラル・アミノ酸が多く含まれているので最近では、美容やバストアップにも良いと注目されています。

投稿者 oppaidaiji : 14:28 | コメント (0)

チェストツリー

チェストツリー(チェストベリー)とは、クアツズラ科の植物で、南ヨーロッパから中央アジアを原産とします。

和名は静養ニンジンボクといいます。

ヨーロッパでは、古くから月経不順や月経前緊張症や女性ホルモンのバランス・体内リズムの調整に用いられているハーブです。

女性特有の症状に関係する黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促し、ホルモンバランスを整える働きがあります。

最近では、バストアップサプリメントをはじめ、バストアップグッズの成分に含まれており、バストアップ効果を期待できると注目を浴びています。

投稿者 oppaidaiji : 14:28 | コメント (0)

プラセンタ

プラセンタとは、もともと、胎盤という意味ですが現在、一般的には胎盤から有効成分を抽出したプラセンタエキスの事を指します。

アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、グロースファクターなどの成分が含まれており、お肌を健康にし、美白する効果があるだけでなく、肌のハリや弾力を保つための成分が含まれているため、しわの解消や、お肌にハリ・弾力を持たせることができる美容成分です。

バストアップサプリメントなどにも含まれており、バストにハリを持たせたり、バストアップの効果が期待できるサプリメントのひとつです。

現在、サプリメントや化粧品に使われているプラセンタは、豚の胎盤から抽出されたものが多いようです。

投稿者 oppaidaiji : 14:28 | コメント (0)

アマニ種子

アマニ種子は、北欧ではパンの原料や、デザートなどでよく調理されています。

このアマニ種子エキスのセコーイソラリシレシノーク・ジグリコサイドという成分が、女性ホルモンの低下を抑え、更年期障害など、女性特有の症状を緩和させてくれる新しい植物性エストロゲンとして、注目を浴びています。

現代の若い女性におおく見られる極端なダイエットや生活リズムの乱れによって崩れたホルモンバランスを整えてくれるので、バストアップや美容に効果的だといわれています。

アマニ種子をしぼった、アマニ油(亜麻仁油)というものもあります。
アマニ油は、オメガ3脂肪酸を豊富に含み、アレルギー体質改善に効果があるとされています。

投稿者 oppaidaiji : 14:28 | コメント (0)

プロテイン

プロテインとは、高タンパク質の健康食品というかたちでよく知られています。

動物性プロテインと植物性プロテインとがあり、またその中でも様々な種類があります。

それら種類の違いは、消化吸収のスピードの違いです。

吸収が早く筋肉を作るもの、吸収がゆっくりなもの、女性向けなもの、などがあります。

女性向けのプロテインは、主にイソフラボンを含有する大豆を原料にしたものが多いようです。

投稿者 oppaidaiji : 14:27 | コメント (0)

大豆プロテイン

大豆プロテインとは、大豆たんぱくを主成分とした、植物性のプロテインで、必須アミノ酸のバランスを改善しようとする高たんぱく食品です。

アミノ酸の含有量は少ないため、筋肉のつけないスポーツマン向けではありませんが、必須アミノ酸をほぼ含んでいることから、植物性で良質のタンパク質だといわれています。

大豆プロテインには、女性ホルモンを増加させて血液もさらさらにしてくれる効果があるといわれ、女性ホルモンが増えることによって、バストアップの効果が期待できる他に、血液がさらさらになることで、新陳代謝もよくなり、バストにハリを持たせることにも期待がもてるもののひとつです。

投稿者 oppaidaiji : 14:27 | コメント (0)

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは、生乳からチーズやバターを取り出したときに取れる乳タンパクの一種です。

乳清とも呼ばれ、牛乳に含まれるたんぱく質の約20パーセントがこのホエイプロテインです。
(乳清はヨーグルトを放置していると出来る”うわずみ”です)

ダイエットやバストアップには、たんぱく質がとても重要ですが、補助的にプロテインを飲むととても効果的といわれています。

プロテインには様々な種類がありますが、ホエイプロテインはプロテインの中でも吸収が良いとされています。

投稿者 oppaidaiji : 14:27 | コメント (0)

サプリメントの飲み合わせ

サプリメントの効果や吸収率を高めるために、よいとされる飲み合わせがあります。

ビタミンやミネラルは、互いに強調して働くため、一緒に飲み合わせするのが基本といわれています。

それぞれの栄養素を高めるための組み合わせもあれば、気をつけなければいけない飲み合わせや飲料、食品との相性もあります。

バストアップに効果的なサプリメントも様々な種類があり、併用する際には、この飲み合わせを意識して行うのが良いでしょう。

サプリメントを多種類取る前に、食生活を見直すことがらはじめてください。

投稿者 oppaidaiji : 14:26 | コメント (0)

ベータカロチン

食物に含まれる黄色や、赤色の色素の事をカロチノイドといいます。

そのカロチノイドにはαカロチン・ベータカロチン・γカロチンなどの種類があり、その中でももっともバストアップの助けになるのがベータカロチンです。

生活リズムの乱れやダイエット・喫煙などといった不安要素をフォローしてくれます。

健康維持のためのサプリメントとしても用いられますが、バストアップのために必要な栄養として知られているため、バストアップサプリメントとしてもよく用いられています。

ベータカロチンは、ニンジンに多く含まれています。
生のままで摂取するよりも、煮たものだと、吸収率が約6倍になるという研究結果もあるようです。

投稿者 oppaidaiji : 14:26 | コメント (0)

ビタミンB1

ビタミンB1とは、水溶性ビタミンの1つで、別名サイアミンとも言われています。

神経や筋肉を正常に保つために必要な栄養素のひとつで、ビタミンB1が不足すると、疲労感が取れなくなったり、むくみ、手足のしびれが出たりする場合があります。

ビタミンB1は水溶性のため、過剰摂取した場合でも余分な成分は排出されて、毒性はないとされています。

ビタミンB1は、加熱すると、水に溶けやすく、アルカリを加えて加熱すると成分が壊れてしまいますが、弱酸性だと安定します。

豚肉、うなぎ、胚芽米、大豆もやし、パイナップルなどに多く含まれます。

ビタミンB1は、生活習慣の乱れなどによって、失われやすい性質なのでバストアップにはかかせません。

投稿者 oppaidaiji : 14:26 | コメント (0)

ビタミンB2

ビタミンB2とは、人間が成長する上では欠かせない水溶性のビタミンです。
別名リボフラビンと呼ばれています。

脂質の代謝を促進したり、過酸化脂質を分解、細胞の再生を助けてくれるなどの体内作用があります。

ビタミンB2が不足すると、倦怠感、目が疲れやすくなる、口内炎、皮膚炎などの症状が出る場合があります。

ビタミンB2は、バストアップやダイエットにも必要な栄養素で、特に動物性の食品をあまり食べない方は不足しがちになると言われています。

ビタミンB2を含む食品としては、アスパラガス、アジ、アボカド、小松菜、しそ・春菊、ブロッコリ- などがあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:25 | コメント (0)

酵素

酵素とは、微生物など、生体内で作られるたんぱく質を主成分とした物質で、主に腸内で食べ物を分解・消化してくれます。

生体内でおこる、化学反応はすべてこの酵素の触媒作用によるもので重要な役割を果たしています。

生体内には、約5000種類~6000種類もの酵素が存在していると言われており、働きが分かっていないものや、発見さえされていないものもあると言われています。

不要な老廃物を排出してくれる働きを持っているので、ダイエットにも良いといわれ、細胞の新陳代謝を活性化させて、お肌にハリを持たせることもできるので、バストにハリを出す事も期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:25 | コメント (0)

女性ホルモン

女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と排卵後に卵胞から変化した、黄体から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つで、女性の卵巣から分泌されるホルモンです。

女性ホルモンは、バストを成長させるためには欠かせない役割を持っています。

そのため、不規則な生活や偏食により、栄養バランスがとれていないと女性ホルモンの分泌が阻害されて、バストの成長があまり見られないこともあります。

バストアップには、女性ホルモンのバランスをまず第一にとるようにすることが大切です。

女性ホルモンに似た作用を持っている成分では、大豆に含まれるイソフラボンが有名です。

その他に、プリラリアミリフィカ、チェストツリーなどの植物も、女性ホルモン様の作用があることで知られています。


投稿者 oppaidaiji : 14:25 | コメント (0)

エストロゲン

エストロゲンとは、女性ホルモンの1つで、卵胞ホルモンとも呼ばれています。

エストロゲンは、女性が生きるためにはとても大きな役割をもっています。

血管を広げて、血流を促進、乳房や腰・太ももなどの皮下脂肪を増やす、コラーゲンの合成を進め、ツヤのある肌を保つなど他にも様々な働きをしてくれます。

エストロゲンの分泌を活性化させることでバストアップができます。

栄養バランスや、規則正しい生活をすることで、女性ホルモンバランスを正常に保つようにしましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:25 | コメント (0)

イソフラボン誘導体

イソフラボン誘導体とは、大豆胚芽などに含まれている、フラボノイドの一種で、別名植物エストロゲンとも呼ばれています。

体内でエストロゲンと同じような機能を果たしてくれます。

この、植物エストロゲンが、エストロゲンと機能が同様のため、乳腺の発達・乳房脂肪の増加が促されるのでバストアップが期待できます。

そのため、様々なバストアップサプリメントやバストアップ商品の成分として用いられています。

投稿者 oppaidaiji : 14:24 | コメント (0)

ミロエステロール

ミロエステロールとは、大豆イソフラボンの100倍近い強さでエストロゲンの活性をさせると言われる、植物由来の天然成分です。

プエラリア(ガウクルア)という、タイ原産の植物に多く含まれています。

タイの国立大学などの研究機関において、ミロエステロールがエストロゲンとよく似た化学構造をしていることが明らかにされ、女性ホルモンと同じ働きをするので、バストアップに効果的で、最近注目されています。

投稿者 oppaidaiji : 14:24 | コメント (0)

デオキシエステロール

デオキシエステロールとは、大豆イソフラボンの1000倍近い強さでエストロゲンの活性をさせると言われる、植物由来の天然成分です。

デオキシエステロールは、女性ホルモンと同じような働きをするので、バストアップに効果的で、最近注目されています。

しかし、デオキシエステロールは、大豆イソフラボンに比べると1000倍もの力があると言われ、バストアップには効果的といえますが、その反面、過剰摂取した場合のリスクを考慮する必要があると言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:24 | コメント (0)

ジャムウ

ジャムウとは、ジャワ語・インドネシア語で「植物の根や草から作られたメディカルハーブ」という意味を持ちます。

主にハーブなどの天然な材料を調合したもので、インドネシアの伝統的な治療薬として、ジャワ島の人々に伝承されていた植物薬剤です。

健康促進薬から治療薬まで様々な効果があります。

ジャムウには他にもホルモンバランスを整えたり殺菌効果などの効果があるため、石鹸をはじめバストアップグッズの成分にも含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:23 | コメント (0)

エラスチン

エラスチンとは、コラーゲンと同様に皮膚の結合組織に存在しており、細胞外で働く繊維質のたんぱく質で伸縮性があり、組織に柔軟性を与える物質です。

エラスチンは、肌を若々しく保って、弾力性のある、ハリがある肌に整えてくれる働きがあるので、バストアップにもその効果が期待できると言われています。

その上、エラスチンには、アミノ酸も豊富に含まれているので、潤い効果もあり、美容液や、美肌に関する製品によく含まれています。

エラスチンを含む食材としては、牛すじ肉、鶏の手羽先、軟骨、魚の皮などがあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:23 | コメント (0)

ナイアシン

ナイアシンとは、水溶性のビタミンで別名ニコチン酸とも呼ばれておりビタミンB郡の仲間の1つです。

ナイアシンが不足するとまれに皮膚炎を起こす場合があります。

ナイアシンは、たんぱく質に含まれる必須アミノ酸の1つである、トリプトファンから体内で合成されています。

ナイアシンは酵素の成分となり、胃腸の働きを正常に保ち、皮膚の健康を維持し、ホルモンの合成、血行促進などにも役に立っています。

そのためバストアップサプリメントや、ダイエットのためのサプリメントなどによく含まれています。

ナイアシンを含む食材としては、豚や牛のレバー、鶏のむね肉、タラコ、玄米、落花生などがあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:23 | コメント (0)

カルシウム

カルシウムとは、骨や歯をつくっている栄養素で、99パーセントが骨と歯で、残り1パーセントは血液など、体液や筋肉などの組織のなかにあります。

生命維持や活動に重要な役割を果たしています。

また、カルシウムが不足すると、骨粗鬆症なるおそれがあることで知られています。

バストアップには必須の女性ホルモンであるエストロゲンは、骨から溶け出すカルシウムを抑えて、骨を保護する役目をしています。

カルシウムを多く含む食材は、植物性のものでは、ひじき・ワカメ・きくらげなどの海藻類、ゴマ、パセリ、大豆、小松菜、豆腐など。
動物性では、桜エビ、チーズ、牛乳、小魚、貝類などがあります。

カルシウムは、ビタミンDと一緒に取ることで、吸収率がアップします。

投稿者 oppaidaiji : 14:23 | コメント (0)

マグネシウム

マグネシウムとは骨や歯などの発育・形成のために、カルシウムと共に必要なミネラルです。

マグネシウムは60パーセントから65パーセントが骨に含まれていて、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持、神経の興奮を抑えたりする働きがあります。

また、ダイエットなどで、便秘になった時にマグネシウムが良いとされています。
(にがりが便秘に効くと、流行したことがありますが、それは、にがりの主成分がマグネシウムであるためです。)

マグネシウムは酵素を活性化させて新陳代謝を促してくれるのでダイエットにもつながり、バストラインや美しいボディラインのために必要な栄養素のひとつです。

マグネシウムは、ひじき、昆布、わかめなどの海藻類、アーモンド、カシューナッツ、落花生、ごまなどのナッツ類、大豆、小豆などの豆類に多く含まれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:22 | コメント (0)

リン

リンとは、体の中にあるミネラルの中ではカルシウムの次に多いといわれるミネラルの一つです。

骨や歯を形成する主成分でもあり、筋肉や脳、神経など様々な組織に含まれています。

現代の食生活からは、一般的にはリンが不足する事はなく、逆に過剰摂取が問題であるという意見もあります。

カルシウムとリンとのバランスが崩れてしまうと、うまく身体に利用されないので、バランスよい食事を心がるようにし、カルシウム不足を防ぐことがバストアップに必要であるといえるでしょう。

カルシウムとマグネシウムを含む食品を積極的に取って、リンとのバランスを取ると良いでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:22 | コメント (0)

パントテン酸

パントテン酸とは水溶性ビタミンのひとつで、動植物食品に広く含まれています。

また、パントテン酸とは、「広くどこにでもある」という意味で、ビタミンB5とも呼ばれています。

ダイエットサプリメントや、バストアップサプリメントなどに含まれていて、健康維持には欠かせないビタミンです。

パントテン酸の欠乏は副腎に関連があるとされています。

パントテン酸が不足すると疲労感や、頭痛、腹痛、消化障害などが引き起こされる可能性があると言われています。

パントテン酸を含む食品は、肉類(主にレバー)、玄米、干ししいたけ、納豆、タラコ、卵などです。

投稿者 oppaidaiji : 14:22 | コメント (0)

バストアップブラ

バストアップブラとは、バストを大きく見せるためのブラジャーのことです。

パットなどで見た目を大きくするものや、バストの谷間をつくったりするもの、つけているうちにマッサージ効果などがあり、胸自体のサイズをアップさせる目的のものなどがあります。

また寝ている間にも、バストアップのケアをするブラジャーもあります。

肌への密着感など人によっては、不快に感じる場合もあるため、お肌の敏感な方は、素材やつくりなどを慎重に選ぶのが良いでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:21 | コメント (0)

マッサージジェル(クリーム)

バストアップには、マッサージが効果的です。

そのため、マッサージジェルなども様々な種類が市販されていたり、エステなどでもマッサージジェルを使った施術などもあります。

商品によって、配合成分も様々ですが、植物性の女性ホルモンに似た作用を持った成分で、塗布しながらマッサージするだけで、バストアップやバストにハリを持たせるものや、乳輪の黒ずみを解消できる成分が配合されたマッサージジェルなどがあります。

用途に合わせて選びましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:20 | コメント (0)

器具

バストアップするための器具は様々な種類があります。

・バストにパットをあてて、低電流をながして筋肉を刺激させるもの。

・カップをバストにあてて、吸引するというタイプのもの。

・寝ている間につけるバストアップのためのブラジャーなど。

自分のバストの状態にあったものを選ぶことをおすすめしますが、バストアップ器具だけに頼らず、食事改善や、自分でできるエクササイズなどをやってみて、そのサポーターとして使うのが理想といえるでしょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:20 | コメント (0)

低周波

低周波とは、人の耳では聞き取りにくい100ヘルツ以下の低い音です。

バストアップ器具には、この低周波をあてることにより、大胸筋の筋肉を刺激する商品などもあります。

筋肉を刺激して、バストアップをはかり、低周波の流れで、リンパの流れをよくし、新陳代謝がよくなってダイエット効果も期待できるといわれています。

しかし低周波が原因で、耳の中にある三半規管 (平衡感覚を司る器官) に影響を及ぼしてしまい、不眠・吐き気など、身体に異常が出るということもあると言われているため、バストアップ器具の常用や乱用には注意が必要です。

投稿者 oppaidaiji : 14:20 | コメント (0)

ジェルバッグ

豊胸手術の際に、人工の乳房を乳房の中に入れる方法があります。

そのときに使われるのがジェルバッグです。

これは以前主流だった生理食塩水に比べ、ムコ多糖類という砂糖やでんぷんに近い成分で構成されており、ペコペコ感がなく、自然な感じが得られるというものです。

ジェルバッグの中でも、シリコンジェルバッグというものや、ハイドロジェルバッグというものなど種類があります。

また種類によって値段も変わってきますので、医師と相談して決めることが大事です。

投稿者 oppaidaiji : 14:19 | コメント (0)

バストドレナージュ

ドレナージュとは、フランス語で、排液や排出といった意味を持ちます。

リンパとはそもそも、血液のように送り出すポンプ(心臓)が無いので、運動などをしてリンパの流れをよくしないと、リンパ液が滞りがちになると言われています。

リンパドレナージュで、リンパの流れをよくして新陳代謝がよくなると、バストアップが期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:19 | コメント (0)

ブラバ(BRAVA)

ブラバ(BRAVA)とは、アメリカで開発された世界初のFDA(米国食品医薬品局)が承認した豊胸装置です。

日本でも、厚生労働省により、医療用具として承認され、ブラバを用いた非手術的豊胸治療が行われています。

ドーム型のカップをバストに装着し、穏やかに吸引しつづけます。

毎日10時間、10週間連続して装着すると乳房の繊維組織や脂肪組織が増えてバストアップできると言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:19 | コメント (0)

吸引

バストアップ器具の中に吸引タイプのものがあります。

種類も様々ですが、バストをカップにはめて、吸引して、電磁バイブが流れるものなどは、皮下細胞の血行をよくして、新陳代謝を活発にしてくれるので、必要な脂肪分を増幅する効果もあると言われています。

また、余分な脂肪(お腹や太ももなど)を吸引して、その脂肪を乳房に注入するという脂肪注入豊胸術というものがあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:19 | コメント (0)

人工乳腺バッグ

豊胸術の方法に、左右の胸の大きさが違ったり、バストのハリを出すために胸に人工乳腺バッグを入れて、底上げする事でバストアップをするという方法があります。

人工乳腺バッグを、大胸筋の上に入れる乳腺下法と、大胸筋の下にいれる大胸筋下法との2種類に大別する事ができます。

また、人工乳腺バッグには、

・生理用食塩水バッグ
・バイオセルバッグ
・CMCジェルバッグ
・クリスタルバッグ
・エリートジェルバッグ

など、種類があり、それぞれ特徴がありますので、お医者さんと相談の上、体質や自分の胸にあったものを選択しましょう。


投稿者 oppaidaiji : 14:18 | コメント (0)

豊胸術

豊胸術とは、胸を大きくするための手術のことです。

豊胸術には、人体に無害なバッグを胸に挿入する方法と、本人の脂肪を吸引して、それを胸に注入する方法との大きく分けて2つあります。

料金は、クリニックによっても様々ですが、大体30万円前後と言われていますが、100万円単位のところもあるようです。

一般的に美容整形での豊胸手術は人工乳腺法で、バッグを挿入する方法です。

脇の下を数センチ切開して挿入しますが、脇のしわにまぎれてしまうので傷はほとんど目立たないと言われています。

約1時間程度の手術で、麻酔などの準備や術後の休憩などを含めると4~5時間程度かかるようです。

投稿者 oppaidaiji : 14:18 | コメント (0)

生理食塩水バック

生理食塩水バッグとは、10年近く前に、アメリカで豊胸手術のために開発されたものです。

薄いシリコン膜でできたバッグの中に、体液と同じ浸透圧の生理食塩水を入れて膨らませたもので、サイズは125cc~250ccまでを25cc刻みで選べます。

今では代表的な人工乳線法では、生理食塩水バッグをはじめ、シリコンバッグやジェルバッグなど、挿入するバッグにも様々な種類があります。

自分の体にあったサイズのものを担当の医師と相談して選びます。

投稿者 oppaidaiji : 14:18 | コメント (0)

シリコンバッグ

豊胸手術の方法で、人工乳腺法(バッグ挿入法)があります。

この人工乳腺法に用いられるのがシリコンバッグです。

そのほかに生理食塩水バッグなども用いられます。

シリコンバッグは、もっとも乳腺に近い自然な仕上がりが期待できます。

以前は、破損した場合に人体に悪影響があるといわれていましたが、今では全て否定されています。

しかし、万が一破損した場合には、シリコン自体の粘着性が強いため、取り除くのに広範囲に切開しなければならない可能性があるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:18 | コメント (0)

コヒーシブ

コヒーシブとは、結合力がある、硬い、固着性という意味です。

通常のシリコンバッグよりも質感が硬いものを指します。

外膜が万が一破れてもシリコンが原型を保ちやすいのでシリコンが流れ出ないので安全性が高いといわれています。

ソフトコヒーシブというタイプもありますが、こちらは質感が普通のコヒーシブに比べて優れているので世界的に人気が高いといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:17 | コメント (0)

ハイドロジェルバッグ

ハイドロジェルバッグとは、人工の乳腺バッグの種類の1つです。

豊胸手術に使用されます。

ハイドロジェルバッグは、生理食塩水の代わりに、ムコ多糖類という砂糖やでんぷんに近い成分が10パーセントと水分が90パーセントで構成されています。

安全面では、生理食塩水とほぼ同様だといわれていますが、さわった感じは、生理食塩水に比べて自然です。

日本では、安全面とさわり心地が自然なので豊胸手術の方法の中では、人気が高いといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:17 | コメント (0)

脂肪注入法

脂肪注入法とは、自分のお腹や太ももなどから余分な脂肪分を吸引して、その吸引した脂肪を、胸に注入してバストアップができるという方法です。

人工乳腺法に比べて、飛躍的にバストを大きくすることはできませんが、自分の脂肪を吸引するので、ウエストなど気になる部分のサイズダウンもできたり、人工乳腺などの異物を胸に挿入する事に抵抗を感じる方には人気がある豊胸手術方法です。

また、自分の脂肪を使うという点で、安心感も得られるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:17 | コメント (0)

Teimourian法

Teimourian法(ティモリアン法)とは、陥没乳頭の手術方法の1つでもっとも一般的な方法です。

乳頭周囲より約5ミリほどの小さな切開で手術するために、傷跡はほとんど目立たないと言われています。

また、陥没が元に戻らないように、乳頭の下で糸を橋渡しして再発を防いでいます。

重症な陥没乳頭の方には、Sakai法というのもあります。

どちらにしても、手術をする際には医師とよく相談して、その方法を決定することが重要であるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:16 | コメント (0)

ラウンドブロック法

ラウンドブロック法とは、世界最小の切開と呼ばれる手術の方法です。

出産や極端なダイエット、年齢によるもので、下垂してしまったバストが軽度な下垂の場合には、ラウンドブロック法で乳輪のまわりのみを切開して吊り上げる方法をとり、バストにハリを持たせます。

また、大きすぎる胸を小さくする手術の際にも、従来では大きなT字の傷跡が残ってしまいましたが、このラウンドブロック法により、大きな傷を残す事はなくなりました。

投稿者 oppaidaiji : 14:16 | コメント (0)

マストペクシー

マストペクシーとは、極端なダイエットや、年齢により下垂してしまったバストや、バストが大きいなどのために、皮膚や筋肉の緩みで下垂した場合に行う手術の方法の1つです。

下垂術には大きく分けてマストペクシーのほかに、縮小術があります。

マストペクシーは、乳房を吊り上げる方法で、これにより下垂してしまったバストにハリを持たせることができます。

手術にかかる時間は、3~4時間程度です。

治療後は、傷を目立たなくするように3ヶ月間ほど傷をテーピングする処置が行われるようです。

投稿者 oppaidaiji : 14:16 | コメント (0)

乳房挙上術

乳房挙上術とは、極端なダイエットや、年齢により下垂してしまったバストや、バストが大きいなどのために、皮膚や筋肉の緩みで下垂した場合に行う手術の方法の1つです。

下垂術には大きく分けて乳房挙上術のほかに、縮小術があります。

乳房挙上術は、乳房を吊り上げる方法で、これにより下垂してしまったバストにハリを持たせることができます。

また、乳房挙上術はマストペクシー( Mastpexy )とも言われています。

手術するクリニックにより様々な術式があるので、自分の体に合った手術ができるクリニックを選びましょう。

投稿者 oppaidaiji : 14:16 | コメント (0)

乳房縮小術

乳房縮小術とは、バストのサイズを小さくするための手術のことです。

極端なダイエットや、年齢によるもので、下垂してしまったバストや、バストが大きいなどのために、皮膚や筋肉の緩みで下垂した場合に行う手術の方法の1つです。

バストが大きすぎると、下垂や肩こりの原因にもなります。

乳房縮小術により、希望の大きさにバストを縮小させることができます。

余分な皮膚を切除し、共に肥大した脂肪や乳腺を除去する事で形のよいバランスのとれたバストが形成されます。

乳房縮小術のことををリダクションともいいます。

投稿者 oppaidaiji : 14:15 | コメント (0)

クリスタルバッグ

クリスタルバッグとは、バストアップのための豊胸術を行う際に、使う人工乳腺の種類の1つです。

日本で一般的に使用されている生理食塩水バッグの欠点は、仰向けに寝たときに触ると硬くて自然さに欠けているという事だったのですが、それに比べてクリスタルバッグは、脂肪の自然な動きにとても近く横になっても柔らかい触り心地が特徴です。

また、万が一破損しても内容物は人間の体液に等しく、医療用としても使用されているものなので安心感があります。

投稿者 oppaidaiji : 14:15 | コメント (0)

EUS(体外式超音波)

EUS(体外式超音波)とは、目的部位に超音波を照射することをいいます。

超音波の振動によって、脂肪細胞を変化させる方法です。

2002年にスペインのDr.Planasにより、豊胸術ををした後に、体外式超音波を使用することによって、被膜が厚く硬くならないという発表がありました。

豊胸術後に厚く、硬くなってしまう方には、この体外式超音波を使用することで、柔らかいバストを保つことができます。

また、手術後に何年も経っていて硬くなっているバッグに関しては、体外式超音波は硬くなることを防ぐために使用するものなので、入れ替え手術が勧められているようです。

投稿者 oppaidaiji : 14:14 | コメント (0)

下半身肥満

下半身肥満とは、腹部から下半身にかけて脂肪がたまっているタイプです。

「洋なし型肥満」「下半身肥満型」とも呼ばれ、日本人に多く見られ、女性に多いのが特徴です。

女性は、上半身に比べ、下半身の方が約6倍も脂肪をためやすい体質を持っています。

またムリなダイエットをした結果、下半身ばかりに脂肪がつき、バストは落ちてしまうケースも知られています。

そのため下半身肥満を防ぐ対策は、バランスの良いプロポーションをつくり、結果的にバストアップをもたらすと言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:13 | コメント (0)

極端なダイエット

体脂肪は、ありすぎるのもよくありませんが少なすぎても、健康によくありません。

適度な体脂肪率は身長と年齢によって変わってきますが体脂肪率が下回りすぎると、生理の異常や排卵の異常が引き起こされると言われています。

女性の理想的な体脂肪率は、30歳未満で17~24%、30歳以上で20~27%。30%以上は肥満とされています。

また、極端なダイエットにより急激に体重が落ちると身体に様々な影響を及ぼし、視床下部のホルモン中枢にダメージを与え女性としての機能を保持するためのホルモンであるエストロゲンの分泌の指令を出せなくなってしまい、それによってバストがサイズダウンしてしまう事があるといわれています。

キレイはバストは、健康体によって作られます。生理に影響するような極端なダイエットは避けるようにしたいものです。

投稿者 oppaidaiji : 14:13 | コメント (0)

乳房

乳房とは、胸の上にある皮下脂肪のことで、大胸筋などの筋肉群とともにバストを形成しています。

乳房をマッサージしたり、筋肉トレーニングをすることで、バストアップすることができます。

しかし、食事や生活リズムが不規則であると、自律神経に影響をもたらし、女性ホルモンを不安定にします。

そのため乳房に十分な栄養が行き届かず、発育不良となります。

従って、バストアップをするために、生活リズムや食事を規則正しく、栄養バランスを考えて摂るようにすることがバストアップの基本です。

投稿者 oppaidaiji : 14:12 | コメント (0)

乳腺

乳腺とは、乳首の周りを囲んでいる部分のことで、小葉という主に乳汁を作る組織と、乳管といわれる乳汁を乳頭まで運ぶ管から成り立っています。

乳房(バスト)は90%の脂肪と10%の乳腺からできています。

乳腺を刺激すると、女性ホルモンの分泌量が増えて、バストアップするといわれています。

バストアップの方法として、乳腺を刺激するジェルなども市販されている他、乳腺下法という豊胸手術の手段もあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:12 | コメント (0)

乳腺脂肪

乳腺脂肪とは、バストのハリや丸みなど、バスとの形を作っている部分のことです。

男性が女性のように乳腺が発達した場合や、ただ単に脂肪がつき、その結果胸が大きくなった時に、乳腺と脂肪を切除して治す方法があります。

それを乳腺脂肪切除術といいます。

バストケアの方法の1つにホルモンを刺激して、乳腺と脂肪の組織そのものを変化させる方法があります。

血液やリンパの流れをよくし、バストに張りを持たせる効果があり、その結果バストアップにつながります。

投稿者 oppaidaiji : 14:12 | コメント (0)

大胸筋

大胸筋とは、バストを支えている筋肉で、胸の上部全体を覆っています。

物を押したりするときに使う筋肉です。

大胸筋を鍛えると、バストの土台ができて、下垂を防ぐことができます。

逆に言えば、バストが大きいのに、大胸筋が弱っていると、垂れてしまい、キレイなバストの形を損なってしまうことになりますので、普段の生活の中に大胸筋を鍛えるエクササイズを取り入れることをおすすめします。

大胸筋を鍛えるエクササイズは、腕立て伏せ、ベンチプレスなどがあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:11 | コメント (0)

胸郭

胸郭とは、肋骨などの胸部を覆っている骨格のことをいいます。

バストを支える土台の1つとしての役割をしています。

この胸郭の上にバストがあるのですが、正しい位置に胸郭が無ければ美しいバストラインに見えません。

エクササイズや体操などで、胸郭を開く事により、バストアップになるといわれています。

また、胸郭呼吸を行うことでバストが正常な位置に戻り、バストアップができたりするほかにウエストの引き締め効果も期待でき、キレイなボディラインになるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:11 | コメント (0)

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲストロン(黄体ホルモン)とは、子宮内膜の成熟を促したり、子宮筋肉の緊張を和らげたりする役割をもつホルモンのことで、乳腺を発達させる働きも持っています。

このプロゲストロン(黄体ホルモン)の分泌を促すことによって、バストアップができます。

方法としては、食事療法、ハーブやサプリメントなど、様々な方法があります。

生理中などに、プロゲストロン(黄体ホルモン)が少ないと、生理痛になるとも言われています。

バストアップさせるために、プロゲステロンのような女性ホルモンを活発にしようと考えることは、とても重要といえます。

投稿者 oppaidaiji : 14:11 | コメント (0)

月経(生理)

月経とは、古くなった子宮内膜がはがれ落ちる現象のことです。

一般的に、12~13歳に初経(初めての月経)が来ると言われています。

月経前症候群といわれる症状があり、月経(生理)が起こる前に、イライラするなど感情が不安定になったり、乳房が敏感になったり痛みや張りなどがでる場合などがあります。

また、バストアップサプリメントで多いのが、女性ホルモンの働きによく似た成分が含まれているものがあります。

それによって、サプリメントを摂りすぎたりしてしまうと、生理不順や生理異常が起こる場合などもあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:11 | コメント (0)

排卵

排卵とは卵巣から、卵子が放出されることです。

バストアップには、排卵から生理までの14日間が良いといわれています。

また、排卵や月経などに重要な役割を果たす女性ホルモンのエストロゲンは、排卵前に多く分泌されます。

エストロゲンはバストの大きさやハリ、肌の白さや骨格のつくりなどに大きく影響するホルモンです。

このホルモン分泌が多い排卵から生理までの14日間にマッサージをするとより効果的にバストアップが期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:10 | コメント (0)

無月経

妊娠をしていない状態で三ヶ月以上生理がこない事を無月経といいます。

18歳をすぎても初潮がない原発性の無月経と、初潮を迎えた後に、3ヶ月以上月経が来ない場合の大きく分けると2つに分けることができます。

無月経は不規則な生活やストレスなど様々な原因があります。

また、極端なダイエットにより体重が急激に落ちることによってホルモンのバランスが崩れてしまい無月経になることがあります。

女性ホルモンは、バストの形成に大きく影響をもたらすため、注意が必要です。

またホルモンバランスを見つめなおすことで無月経が治る可能性があります。

さらに無月経を治すことでホルモン分泌が正常に戻るのでバストアップが期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:10 | コメント (0)

無排卵

無排卵とは、生理が来ていても、排卵が無い状態のことを言います。

生理がくる周期はだいたい28日ですが、これが早すぎたり遅すぎたり不定期な状態が続いたりすると、無排卵の可能性があります。

基礎体温をつけて、高温期がないのが無排卵月経です。

基礎体温をつけたことがない人は、無排卵でも気づかないことが多いようです。

また、無排卵は、不妊症の原因にもなるといわれています。

無排卵になる原因は、ストレス性からくるものの他、様々ありますが、バストアップや、バストのハリに大きな影響を与えているホルモンのエストロゲンの分泌が少なすぎる場合などにも、無排卵が起こる可能性があります。

投稿者 oppaidaiji : 14:10 | コメント (0)

ホルモンバランス

バストアップとホルモンバランスの関係は非常に重要です。

ホルモンのバランスが崩れると、更年期障害や、性機能の低下などで不正出血や無月経・無排卵などが引き起こされるといわれています。

極端なダイエットや、精神的・肉体的なストレスなどが原因でホルモンのバランスを崩してしまうと、卵巣から分泌されるホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンにも影響を与えてしまいます。

規則正しい生活を心がける事でホルモンバランスを整えると、バストアップだけではなく、美肌効果もあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:09 | コメント (0)

皮下脂肪

皮下脂肪とは、皮膚の内側についている脂肪の事で、体温を保ったり、エネルギーを貯めたりする役割をしています。

乳房は、胸の上にある皮下脂肪と乳腺で構成されています。

バストアップをするためには脂肪をつければ簡単なのですが、そうするともちろん胸のほかにも脂肪はついてしまいます。

バストアップの方法の1つとして、太ももやお腹の脂肪を吸引して、その吸引した自分の脂肪をバストに注入する豊胸術もあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:09 | コメント (0)

バストの種類(形)

バストの形の種類には、

①皿形(トップとアンダーの差が小さい形で、ペチャパイとも言われています)

②半球形(膨らみが全体的に均等でお椀形とも言われています)

③釣鐘形(トップとアンダーの差が大きい形で、ハリがなくなると、下垂します)

④下垂形(釣鐘形の下側の一部が胸に触れた状態)

⑤下垂形2(下垂形が更に下垂した形で、極端に低くなっている状態)円錐形(とがった円錐の形をしていて膨らみがあり、とても均整のとれた理想の形です)

などがあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:09 | コメント (0)

乳管洞

乳管洞とは、乳房にある母乳を一時的にためておくところです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の働きが活発の時には、この乳管洞と、乳腺葉が発達して大きくなっているのでバストが大きくなります。

規則正しい生活を送ったりすることでホルモンのバランスを整え、プロゲステロンの働きを活発にする方法や、サプリメントなどでプロゲステロンの働きを活発にすることで、乳管洞を発達させると、バストアップができると言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:08 | コメント (0)

脂肪組織

脂肪組織とは、皮膚と筋肉との間にあり、脂肪細胞が集まったものです。

バストは、この脂肪組織が90パーセント、乳腺組織が10パーセントからなりたっています。

女性ホルモンの分泌を活発にしたり、バストアップマッサージなどをすることで、乳房の脂肪組織と乳腺が発達して、バストアップができます。

自分で脂肪組織を発達させるマッサージをするために、バストアップジェルなどがよく利用されています。

投稿者 oppaidaiji : 14:08 | コメント (0)

タバコ

タバコを喫煙すると、バストアップに欠かせないビタミンといわれるビタミンCが破壊されます。

また、タバコに含まれるニコチンという成分がエストロゲンの分泌を妨げてしまったり、ニコチンが体内に入ると毛細血管を収縮させたり、消化吸収機能を低下させる働きをしてしまうので、バストアップの強い妨げになることが知られています。

バストアップのために体に良い事をしていても、喫煙する事で台無しになってしまいますので、喫煙はお勧めできません。

投稿者 oppaidaiji : 14:08 | コメント (0)

栄養バランス

バストアップやダイエットなどで欠かせないのが栄養バランスが摂れた食事です。

基礎食品は大きく分けると 

①たんぱく質などを含むお肉・魚・卵・大豆など 
②カルシウムなどを含む乳製品や小魚・海草など
③カロテン(ビタミンA)を含む緑黄色野菜 
④ビタミンCやカリウムを含む淡色野菜・果物
⑤糖類を含む穀類やイモ類・砂糖 
⑥脂質を含む油脂類やマヨネーズなど

以上の6つに分ける事ができます。

この6つをバランスよく摂る事で、ホルモンバランスも整い、バストアップにもつながります。

投稿者 oppaidaiji : 14:07 | コメント (0)

正しい姿勢

正しい姿勢を保つことは、キレイなバストのためにとても大事なことです。

バストアップのためにどんなに努力しても姿勢が悪いと、肩こりや腰痛などの原因になる他に、心にも大きな影響を与えると言われています。

正しい姿勢をとることで、体のバランスが整い、疲れやすかった体も疲れにくくなったりするほか、血やリンパの流れもよくなります。

また、姿勢が悪いと身体がゆがみ、歪んでしまうと補強するために脂肪がついたり、内臓のずれなど、様々なことにつながります。

正しい姿勢をとることで、ゆがみから来る脂肪がつきにくくなり、きれいなボディラインになり、その結果、バストアップができます。

投稿者 oppaidaiji : 14:07 | コメント (0)

背筋

キレイなバストを保つためには、背筋は重要な筋肉の1つです。

バストアップのエクササイズの方法には色々種類がありますが、背筋を鍛える事で、自然と姿勢がよくなり、バストの下垂を防止できる他、バスト周辺の筋肉は繋がっているためバストアップができます。

背筋を鍛えるだけではなく、腹筋も同時に鍛えることがベストです。

鍛える=エクササイズという事ではなく、正しい姿勢を保つだけで、普段意識していない筋肉を使うことになるので、背筋(せすじ)が伸びると腹筋も同時に伸びて、理想的なバストアップが期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:07 | コメント (0)

腹筋

腹筋を鍛えると、ウエストにくびれができて美しいボディライン効果が期待できます。

バストアップのためにエクササイズをしていても、ウエストがなければ美しいからだとは言えません。

腹筋が弱いと、内臓や内臓脂肪などを支えきれなくなり、下腹部が出てしまいます。

腹筋を鍛えると同時に背筋も鍛えることがベストですが、鍛える=エクササイズという事ではなく、正しい姿勢を保つだけで、普段意識していない筋肉を使うことになるため、背筋(せすじ)が伸びると腹筋も同時に伸びて、バストアップが期待できます。

投稿者 oppaidaiji : 14:06 | コメント (0)

肩甲骨

肩甲骨とは、左右の肩の背面にある逆三角形の骨の事で、上腕骨の動きを支えています。

バストアップには正しい姿勢を保つ事が重要ですが、正しい姿勢を保つために、肩甲骨の筋肉を鍛える事が大事です。

肩甲骨を内側に絞るようにする事で、背筋が伸びます。

また、肩甲骨のまわりには、バストアップに効果的なツボもありますので、背筋をのばして、血行の流れをよくすることで、バストアップが期待できることが知られています。

投稿者 oppaidaiji : 14:06 | コメント (0)

トップバスト

トップバストとは、乳房の膨らみの一番大きいところのことです。

バストの膨らみの終わり(下の部分)であるアンダーバストとの差が、カップ数になります。

カップのサイズ

A・・・トップとアンダーの差が10センチ前後

B・・・13センチ前後

C・・・15センチ前後

D・・・18センチ前後

・・・このように、2~3センチきざみでサイズは決まっています。


ダイエットをすると、バストの脂肪も少なくなり、トップバストもサイズダウンしてしまうという事が多々ありますが、良質なたんぱく質を積極的に摂取し、乳腺を発達させる事で運動や、ダイエットをして他は痩せながらトップバストのサイズは維持できるといわれています。

投稿者 oppaidaiji : 14:06 | コメント (0)

アンダーバスト

アンダーバストとは、乳房の下の胸囲のことを言います。

ブラジャーのサイズはこのアンダーバストのサイズと、カップサイズで決まります。

アンダーバストとトップバストの差が大きいほど、カップが大きくなります。

エクササイズなどで、アンダーバストのサイズダウンをすることで、ボディラインにメリハリができて、美しい体になり、ウエストラインにもくびれがでてくるようになると言われています。

投稿者 oppaidaiji : 14:05 | コメント (0)

デコルテ

デコルテとは、フランス語で首筋や、胸を大きく開けた襟というファッション用語の意味を持ちますが一般的には首から胸の部分の事を指します。

ただ単にバストが大きいだけで、デコルテラインがキレイでなければ、美しいボディラインは期待できません。

バストアップには、デコルテラインをキレイにするということも大切になってきます。デコルテをキレイに見せるためのブラジャーやボディスーツなどが市販されています。

投稿者 oppaidaiji : 14:05 | コメント (0)

猫背

猫背とは、単に背中が丸くなっているという状態のことのみを指すのではありません。

まっすぐ立ったときに、くるぶし、ひざ、肩を直線で結んだときに耳がその線よりも前に出ている場合は猫背です。

一番の原因は筋力の低下と言われていますが、猫背のままだと、骨のゆがみなど様々な現象を引き起こします。

また、せっかくバストアップができたり、バストが大きくても猫背だとキレイに見えません。

姿勢を正しくして、背筋を伸ばす事で猫背は解消できます。

癖がついてしまった猫背の肩は、整体や矯正ベルトなどで背筋を伸ばす事をお勧めします。

投稿者 oppaidaiji : 14:05 | コメント (0)

陥没乳頭

陥没乳頭とは、乳頭が陥没、へこんでいる状態のことを言います。

乳頭と乳腺組織が繋がっているため、引っ張られて陥没してしまう事があるのですが、度合いによっては手術して治す場合もあります。

また、陥没乳頭は、バストの見た目だけではなく、授乳の際に障害になってしまう場合もあります。

陥没乳頭修正術を行う際には、程度を見極めてから手術方法を決めますが、これを間違えると再発の可能性もあるので、しっかり見極める事ができる医師を選ぶことが重要です。

投稿者 oppaidaiji : 14:04 | コメント (0)

乳頭

美しいバストを目指すためにバストアップができても、乳頭と乳輪のバランスがとれていないなどの悩みを持っている方もいらっしゃるようです。

このような場合には、美容整形などがあります。

陥没乳頭を治したりする方法や、大きい乳頭を小さくするなど様々な手術方法があります。

どちらにしても、手術をする際にはしっかり医師と相談してから手術方法を選ぶできです。

また、乳頭に関する病気で、乳腺から分泌される乳汁は乳頭から出てきますが、妊娠や、授乳時期以外に乳頭から分泌してしまう乳頭異常分泌という病気もあります。

投稿者 oppaidaiji : 14:04 | コメント (0)

乳輪

乳輪は、授乳をしたり、成長する過程で広がってしまう場合があります。

美しいバストを目指すのなら、乳輪を小さくしたりする事ができる美容整形などもあります。

また、乳輪の黒ずみを解消する、石鹸や、美容液など、様々なグッズも市販されています。

乳輪の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着などが原因とされていますが、ビタミンCを取ることで、メラニンを抑制する事が知られています。

投稿者 oppaidaiji : 14:03 | コメント (0)