バストアップ事典 > 食品> サヤインゲン

サヤインゲン

サヤインゲンはインゲンマメ、マメ科の一年草です。

中南米が原産地で、15世紀末にヨーロッパを経由して、中国に伝わり、1654年に明からの帰化僧である、隠元禅師が日本にもちこんだとされ、この名前がついたそうです。

サヤインゲンは、ビタミンB群がバランスよく含まれており、またカリウム、カロチン、食物繊維を豊富に含んでいるので、便秘解消や、バストアップなど、美容効果が期待できる野菜のひとつです。

また、調理方法も塩茹でするだけでもおいしく食べることができるので、忙しい方などにもおすすめです。

サヤインゲンに含まれるB1、B2は熱に弱いうえ、水に流れてしまう性質があるので、加熱しすぎや、切ってから水につけたりしないようにしましょう。

カロチンは油で調理すると吸収率があがります。

美しく豊かな胸へ、確実になる方法は?

およそ下記の方法に分類できます。望む結果になるかどうかは、どうしても試してみないとわからないのが現実。まずは、リスクをできるだけ避けるために、情報収集が大切です。下記で具体的な情報をまとめていますので、参考にしてみてください。
美容整形
エステ
サプリメント
マッサージ用クリーム・ジェル
矯正器具、運動器具、マニュアルなど

バストアップ事典は、日常の生活で工夫してできるバストアップの方法や知識、バストアップ用語などが簡単にチェックできるように、ジャンル分けして、キーワード検索もできるようにまとめたバストアップ専門のサイトです。バストに関連する医学的用語や様々なバストアップ方法の解説、バストアップに役立つサプリメント、食品、つぼ、マッサージ法、エクササイズといった情報がわかりやすく分類されています。バストは女性にとって大切な問題です。バストアップをはかり、健やかな毎日を過ごしましょう。

カテゴリー