バストアップ事典 > 基礎知識> プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲストロン(黄体ホルモン)とは、子宮内膜の成熟を促したり、子宮筋肉の緊張を和らげたりする役割をもつホルモンのことで、乳腺を発達させる働きも持っています。

このプロゲストロン(黄体ホルモン)の分泌を促すことによって、バストアップができます。

方法としては、食事療法、ハーブやサプリメントなど、様々な方法があります。

生理中などに、プロゲストロン(黄体ホルモン)が少ないと、生理痛になるとも言われています。

バストアップさせるために、プロゲステロンのような女性ホルモンを活発にしようと考えることは、とても重要といえます。

美しく豊かな胸へ、確実になる方法は?

およそ下記の方法に分類できます。望む結果になるかどうかは、どうしても試してみないとわからないのが現実。まずは、リスクをできるだけ避けるために、情報収集が大切です。下記で具体的な情報をまとめていますので、参考にしてみてください。
美容整形
エステ
サプリメント
マッサージ用クリーム・ジェル
矯正器具、運動器具、マニュアルなど

バストアップ事典は、日常の生活で工夫してできるバストアップの方法や知識、バストアップ用語などが簡単にチェックできるように、ジャンル分けして、キーワード検索もできるようにまとめたバストアップ専門のサイトです。バストに関連する医学的用語や様々なバストアップ方法の解説、バストアップに役立つサプリメント、食品、つぼ、マッサージ法、エクササイズといった情報がわかりやすく分類されています。バストは女性にとって大切な問題です。バストアップをはかり、健やかな毎日を過ごしましょう。

カテゴリー