バストアップ事典 > 方法> 乳房縮小術

乳房縮小術

乳房縮小術とは、バストのサイズを小さくするための手術のことです。

極端なダイエットや、年齢によるもので、下垂してしまったバストや、バストが大きいなどのために、皮膚や筋肉の緩みで下垂した場合に行う手術の方法の1つです。

バストが大きすぎると、下垂や肩こりの原因にもなります。

乳房縮小術により、希望の大きさにバストを縮小させることができます。

余分な皮膚を切除し、共に肥大した脂肪や乳腺を除去する事で形のよいバランスのとれたバストが形成されます。

乳房縮小術のことををリダクションともいいます。

美しく豊かな胸へ、確実になる方法は?

およそ下記の方法に分類できます。望む結果になるかどうかは、どうしても試してみないとわからないのが現実。まずは、リスクをできるだけ避けるために、情報収集が大切です。下記で具体的な情報をまとめていますので、参考にしてみてください。
美容整形
エステ
サプリメント
マッサージ用クリーム・ジェル
矯正器具、運動器具、マニュアルなど

バストアップ事典は、日常の生活で工夫してできるバストアップの方法や知識、バストアップ用語などが簡単にチェックできるように、ジャンル分けして、キーワード検索もできるようにまとめたバストアップ専門のサイトです。バストに関連する医学的用語や様々なバストアップ方法の解説、バストアップに役立つサプリメント、食品、つぼ、マッサージ法、エクササイズといった情報がわかりやすく分類されています。バストは女性にとって大切な問題です。バストアップをはかり、健やかな毎日を過ごしましょう。

カテゴリー